洗足学園中学を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 洗足学園中学を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、洗足学園中学の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2013年度、洗足学園中学の帰国枠入試は、1月13日(日)になります。

募集人数は20名です。

学校が公開している出願状況を見ると、137名となっています!

この学校は進学実績も伸びていますから、大人気なんですよね。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。 ^ ^

さて、この学校の帰国入試の魅力は、インターや現地校に通っていたけれど、それほど英語が得意ではない生徒さんでも、チャレンジできるところにあります。

・A方式 →英語+面接
・B方式 →国算英+面接

英語がネイティブレベルの生徒さんは、英語の試験が難しいA方式で。

英語がそこそこの生徒さんは、B方式で受験をすればいいんです。

英語がそこそこと言っても、リスニング能力は高いでしょうし、日本に住んでいる生徒さんよりは、よっぽど英語ができます。

ですから、洗足に合格した後、英語をパワーアップさせていけばいいですよね。

では、メルマガのお知らせです。

もちろん、洗足学園中学に帰国枠で合格した生徒から、面接内容について、インタビューしてありますよ。 ^ ^

メルマガ読者さんに先行して、配信します。

本日、12月28日(金)の、日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報