広尾学園中学でもらえる過去問題が1年分しかないので、編入準備に困っている帰国生にお伝えします。

● 広尾学園中学でもらえる過去問題が1年分しかないので、編入準備に困っている帰国生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、広尾学園のインターナショナル・アドバンストグループ(AG)の編入試験について、お伝えします。

広尾学園は、どんどん受験者を増やしていますよね。

・大学進学実績を伸ばしていること
・海外の大学にも進学実績があること
・国内のインター生も帰国枠で受験できること

さらに環境も良いので、広尾を希望する帰国生が多いんですよね。^^

その広尾学園ですが、2014年度9月編入試験の募集要項を発表しています。

・9月編入試験日→ 7月29日(火)
・出願期間→ 7月1日(火)~24日(木)
・注意事項→ 事前相談(面談)が必須

事前相談は、なるべく早くされた方がいいですよ。

相談の際に過去問題のサンプルがもらえます。

早く手に入れたら、早くから入試の準備ができますよね。^^

では、広尾中学1年編入の試験範囲を確認してみましょう。

・国語(50点・30分)→ 漢字・慣用句、日本語作文
・数学(50点・30分)→ 小6までの内容が中心、すべて英語
・英語(100点・50分)→ 長文・詩の読解(記述式)、英語エッセイ
・面接→ 15分、面接官2名

面接では、このような質問がされます。

英語エッセイや日本語作文の準備も、比較的しやすいよね。

でも、英語で出題される数学の準備って、ムズカシイかもしれません。

しかもサンプルの過去問題は1年分しかないので、もっと練習したいですよね。

ではメルマガのお知らせです。

広尾学園中学の編入試験で出題される数学の対策についてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

5月6日(火)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報