渋谷教育学園渋谷中学、1月27日実施の、2015年度帰国子女枠入試内容について、お伝えします。

● 渋谷教育学園渋谷中学、1月27日実施の、2015年度帰国子女枠入試内容について、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

3月末に、帰国子女枠編入試験を行う学校があります。

・関西学院千里国際中等部・高等部、帰国生特別入試: 3月20日(金)
・芦屋国際中等教育: 3月26日(木)

遅い時期に編入試験を行ってもらえると、本帰国が急に決まった場合、助かりますよね。

千里国際、芦屋国際の編入試験を受験するみなさん、がんばってくださいね。^^

さて今回は、渋谷教育学園渋谷中学の帰国子女枠入試について、お伝えします。

渋谷教育学園渋谷中学の、2015年度帰国子女枠入試が、1月27日(火)に行われました。

渋渋の帰国枠入試では、日本人学校の生徒向け(作文型)、現地校・インターの生徒向け(英語型)が準備されています。

・2015年度、日本人学校向け(作文型)受験者数138名: 合格者数30名
・2015年度、現地校・インターの生徒向け(英語型)受験者数103名: 合格者数29名

なかなか難しそうですね。

さて、渋渋の帰国枠の英語問題は、あるテーマに基づいて出題されます。

2015年度は、リスニングからエッセイまで、第一次世界大戦についてでした。

まずエッセイですが、今年度は変更がありました。

2014年度まで: 3つのテーマの中から、1つ選択
2015年度: 指定された2つのテーマについて書く

今年の英語エッセイのテーマは、以下の2つでした。

・なぜ私たちは戦争に興味を持っているのでしょうか?

・第一次世界大戦のすぐあとに、第二次世界大戦が起こりました。今後、また大きな戦争が起こる可能性はありますか?

来年も同じ形式になるかどうかはわかりませんが、短時間でエッセイを2つ書く練習をしておく必要がありますよね。

エッセイの練習、バッチリ行ってくださいね。^^

ところで、2015年度の帰国枠入試問題は、「平成28年度 渋谷教育学園渋谷中学校 スーパー過去問」に収められています。

book

でも渋渋の面接試験内容は、どこにも載っていないんですね。

ではメルマガのお知らせです。

今回は、渋谷教育学園渋谷中学、1月27日実施の、2015年度帰国子女枠入試で行われた集団面接について、お伝えします。

本日、3月14日(土)の24時までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報