立命館宇治高校の、2016年度帰国子女枠11月入試A方式の作文・エッセイテーマをお伝えします。

● 立命館宇治高校の、2016年度帰国子女枠11月入試A方式の作文・エッセイテーマをお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2015年度、桐光中学・高校の4月編入試験が、3月12日(土)に行われます。

・募集学年: 新中2、新中3、新高2
・出願期間: 3月2日(水)~8日(火)
・試験内容: 学科試験(国数英 各50分、各100点満点)、面接試験

桐光中学は、学期ごとに帰国枠編入試験を行います。

ですから日本の勉強を普段から取り組んでいたら、急な本帰国が決まっても、桐光を受験できますよ。^^

さて今回は、立命館宇治高校の、2016年度帰国子女枠12月入試A方式の作文・エッセイテーマをお伝えします。

2015年の11月28日(土)に行われた試験内容です。

参考にしてみてくださいね。^^

・作文、エッセイテーマ(日本語の場合1,000~1,200字、英語の場合は600~800words)

グローバル化、情報化により、予期せぬ問題が生じることがあります。

予期せぬ問題、答えの出ない問題を解決するためには、どのようなことが必要だと思いますか?

まず、「グローバル化・情報化による、予期せぬ問題」の具体例を挙げて。

その具体例を解決するために、必要なことを書けば良いですよね。

そして帰国枠入試の作文・エッセイですから、具体例は海外経験から探します。

・グローバル化、情報化により生じた、予期せぬ問題の例

フェイスブックやインスタグラムを使って、アメリカの現地校の文化祭の楽しい様子をアップしたら、「学校に入学するためにはどうしたら良いか?」というメールがアジアから来た

・予期せぬ問題、答えの出ない問題を解決する方法の例

・各地域の人が見られるように、できるだけ多言語で記載すること
・公開した情報が、商品や学校のイメージにつながることを自覚すること
・テーマを決めて、アップする内容を決めること

たとえば上記のような内容であれば、海外経験に基づいていることになりますよね。

立命館宇治高校を受験されるみなさん。

本日、2月10日の試験がんばってくださいね、応援しています!^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、2016年度、攻玉社中学帰国子女枠入試の面接試験内容について、お伝えします。

1月10日(日)に行われた試験内容についてです。

2月12日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報