横浜国立大学附属横浜中学の、2015年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

● 横浜国立大学附属横浜中学の、2015年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2月1日から、東京都、神奈川県の私立中学一般入試が始まりました。

一般入試を受験される帰国生も多いと思います。

受験がんばってください、応援しています。

そしてスカイプレッスン生のみなさん。

合格を、強く祈ってますよ。

合格を、強く祈ってますよ

合格を、強く祈ってますよ

合格を、強く祈ってますよ

さて今回は、横浜国立大学附属横浜中学の、2015年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。

参考にしてみてくださいね。^^

・試験内容

1、国語算数: 一般入試と同じ内容、各40分
2、作文: テーマは、海外生活を通じて成長したこと、30分
3、面接試験: 3分間自己アピール、滞在国で得られたことについて

齊藤先生

本日、受験が無事終わりました。

試験内容は上記の通りです。

本人は、「自己アピールと作文は完璧!」との自己評価でした。

自己アピールの原稿を作成していただき、ありがとうございました。

本当に助かりました。

横浜国立大学附属横浜の、自己アピールのコツです。

自己アピールを考えるときは、作文やエッセイと同じ構成にします。

・イントロ
・ボディ(1~3つ)
・コンクルージョン

作文・エッセイと同じ構成にすると、準備がしやすいです。

そして上達も早くなりますよ。

横浜国立大学附属横浜中学を受験されるみなさん。

明日、2月3日の試験がんばってくださいね、応援しています!^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、茗渓学園中学グローバルコースの入試について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

2月7日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報