広尾学園中学、2015年帰国子女枠中学1年9月編入試験の日本語作文についてお伝えします。

● 広尾学園中学、2015年帰国子女枠中学1年9月編入試験の日本語作文についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

暁星中学の、2016年度、帰国子女枠9月編入試験が、明日、6月27日(月)に行われます。

・募集学年: 中1、中2
・出願期間: 6月17日(金)~22日(水)
・試験科目: 国語、数学、英語かフランス語(各50分 各100点満点)、面接試験(個人)

暁星中学の帰国子女枠編入試験の国語では、文章内容に対して意見を書く作文問題が出題されます。

また面接試験では、日本語と英語両方で、質問をされます。

暁星中学を受験されるみなさん、受験、がんばってくださいね。

さて今回は、広尾学園中学の帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

2015年7月23日(木)に、広尾学園中学9月編入試験が行われました。

まず、中1の応募状況です。

・中学1年受験者8名: 合格者2名

倍率は4倍なので、なかなか厳しいですよね。

次に、合格基準です。

入試担当の先生に確認してあります。^^

・3教科が平均的にできる生徒
・広尾学園入学に熱意のある生徒

つまり、英検準1級以上の英語力があっても、国語や数学が苦手な場合は、残念な結果となります。

そして入試科目です。

・英語(100点満点 50分)
・数学(英語による出題 50点満点 50分)
・国語(50点満点 30分)
・面接試験 (個人 英語と日本語 10分程度)

国語の試験では、漢字の読み書きや慣用句、そして作文が出題されます。

広尾の作文ですが、まず文章を読み、その後テーマに沿って書きます。

・2015年度中学1年9月編入試験、日本語作文テーマ

人間は他人に迷惑をかける生き物です。あなたはこの筆者の意見についてどう思うか、400字程度で書きなさい

通常、帰国枠入試の作文では、以下の3つを書く必要があります。

・テーマに沿っていること
・(海外)経験を組み込むこと
・具体的であること

しかし広尾の作文は、文章を読んでから書くことになります。

つまり、日本語文章読解ができているかどうかも、確認されるということです。

日本語文章読解の対策方法です。

国語のテキストの中の、説明文の単元に掲載されている文章を使って、要約する練習をすると良いですよ。

文章内容が理解できるようになれば良いのですから、問題を解くよりも、要約する練習の方が効果的です。

現地校やインターに通う生徒さんで、日本語作文が苦手な場合は、参考にしてみてくださいね。

ではメルマガのお知らせです。^^

広尾学園中学の、2015年度帰国子女枠9月編入試験の面接試験内容を、お伝えします。

合格した生徒さんに、教えてもらったんですよ。^^

本日、6月26日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック