東京学芸大学国際中等教育の、2016年度帰国枠9月編入試験のディスカッション内容をお伝えします。

● 東京学芸大学国際中等教育の、2016年7月5日の帰国子女枠9月編入試験の10分間ディスカッション内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

かえつ有明中学Advencedの、2017年度帰国子女枠入試の合格発表が11月24日(木)にありました。

スカイプレッスン受講生、かえつ有明中学Advancedに3名合格です!

松尾 櫂先生 北海道大学獣医学部4年生、東京都立国立高等学校出身

担当は、北海道大学獣医学部の松尾先生です。

松尾先生は、東京都立国立高校を卒業し、北海道獣医学部に入学されています。

松尾先生はハーフなので、日本語も英語も堪能なんですよ。^^

さて今回は、東京学芸国際中等教育学校の帰国子女枠編入試験について、お伝えします。

東京学芸国際中等教育の面接は、2つあります。

・1分間プレゼンテ―ション(写真を説明する)
・10分~20分ディスカッション

東京学芸国際中等教育学校の2016年度9月編入試験では、以下のテーマでディスカッションが行われました。

・何歳からスマートフォンを持っても良いと思いますか?

このときのディスカッションは10分ちょうどだったそうです。

しかしグループによって、話し合う時間が異なるようです。

・10分間
・10分間~20分間

2つの時間で練習しておくと良いですよ。

ディスカッション練習、がんばってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

東京学芸大学附属国際中等教育学校の、2016年帰国枠9月編入試験のディスカッションの解法についてお伝えします。

「何歳からスマートフォンを持っても良いと思いますか?」の解法についてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

12月11日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック