富士見丘高校の、2015年度帰国枠入試の作文エッセイテーマと面接試験内容についてお伝えします。

● 富士見丘高校の、2015年度帰国枠入試の作文エッセイテーマと面接試験内容についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

大阪教育大学附属池田中学の、2017年度帰国枠編入試験の合格発表が1月6日(金)にありました。

スカイプレッスン受講生、大阪教育大学附属池田中学に合格です!

担当は、北海道大学医学部の劉先生です。

北海道大学医学部1年生、札幌南高校出身

劉先生はアメリカと中国で暮らし、現地校で勉強してきました。

ですから日本語、中国語、英語の3か国語を話すことができます。

さらに理系ですので、理数科目が得意なんですよ。^^

さて今回は、富士見丘高校の、2015年度帰国子女枠入試の作文エッセイテーマと面接試験内容について、お伝えします。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。^^

齊藤先生、こんばんは。

富士見丘、合格しました!

試験内容を報告します。

英語エッセイ(50分)

・あなたが日本の制度を変えることができたら何を変えますか?

日本語作文(50分)

・日本が9月から学校を始めることに賛成か反対か?

面接試験

・学校生活で一番思い出深いことは何ですか?

・一番好きだった教科は何ですか?

・将来の夢を教えてください

・海外の学校と比べて日本の学校が直したら良いところは何だと思いますか?

・あなたが日本の制度を変えることができたら何を変えますか?

このテーマの書き方です。

・滞在していた国の制度の中で日本とは異なるものを選び、自分的に、日本よりも優れていると思うものについて書く

例: ガムの持ち込みが禁止されていること(シンガポール)
例: 討論が授業に組み込まれていること(イギリス)
例: ペットと一緒に店に入れること(ドイツ)

滞在している国の事情について、確認しておく必要がありますよね。

2017年度、富士見丘の帰国子女枠入試が2月1日(水)に行われます。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、東京都立国際高校の願書について、お伝えします。

1月18日(水)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報