帰国子女枠中学・高校入試、帰国子女枠編入試験を担当する、北海道大学経済部の伊藤先生です。

● 帰国子女枠中学・高校入試、帰国子女枠編入試験を担当する、北海道大学経済部の伊藤先生です。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

私たちは、帰国生、国内インター生、そして留学生のみなさんが、帰国子女枠入試で合格するためのレッスンを行っています。

レッスン内容は以下の通りです。

・帰国子女枠入試: 中学、高校、大学 (英語エッセイ、日本語作文、面接)

・一般入試: 中学、高校 (国算理社、国数英理社)

・帰国子女枠編入試験: 小学校、中学校、高校

・英検対策: 準2級、2級、準1級、1級

・TOEIC対策

・TOEFL対策

北海道大学の医学部、歯学部、薬学部、獣医学部、経済学部の講師が、帰国生のみなさんが選択される入試や、必要となる英語資格に対応します。

今回は講師のひとりである、伊藤和弥(いとうかずや)先生を紹介します。

講師 伊藤和弥(いとうかずや)先生

北海道大学経済学部2年生、愛知県刈谷高校出身

彼は愛知県の公立トップ校のひとつである、県立刈谷高校を卒業しています。

平成28年度、愛知県立刈谷高校、現役生大学進学実績(卒業生360名)→ サンデー毎日7月3日特大号より

・東大 10名
・京大 11名
・名大 81名
・北大 5名
・阪大 4名

国公立大合計 122名

刈谷高校は難関大学合格人数が多いことで有名です。

80名以上が現役で名古屋大学に合格しています。

しかも30%以上が、国公立大学に現役で合格しています。

伊藤先生は、その刈谷高校に合格し、そして北大経済学部に合格しています。

伊藤先生の、2017年度の合格実績です。

国際基督教大学高校(ICU)書類選考

伊藤先生は北大経済学部だけでなく、慶應大学経済学部にも合格しています。

ですから文系学部ですが、数学の指導も得意です。

さらに英検指導や作文エッセイ指導も上手なんですよ。

ところで愛知県立高校に編入する場合、国数英の3教科の勉強が必要となります。

現地校やインターに通っていると、特に幾何分野や古典漢文の対策にお困りかもしれません。

そういった帰国子女枠編入試験で困っている帰国生のみなさんに、高校数学や国語を指導できます。

とても忍耐強く、生徒さんに丁寧に対応できる方なので、頼りにしているんですよ。^^

私たちの、帰国子女枠入試レッスンは、札幌に拠点を置いています。

ですから、北海道で一番レベルの高い北海道大学で、しかも理系学部の英語が得意な先生のみ、採用しているんですよ。

しっかりと研修を受けた先生方が、帰国子女枠中学・高校入試、編入試験に合格するためのレッスンを行います。

生徒さん、それぞれに応じて、個別で対応いたします。

一緒にがんばって、帰国枠入試に合格しましょうね!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国子女枠入試サービス案内
帰国子女枠中学・高校入試、帰国子女枠編入試験を担当する、北海道大学経済部の伊藤先生です。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報