江戸川学園取手中学の帰国枠入試は、出願準備が簡単で、最大で15点加点の優遇措置があります。

● 江戸川学園取手中学の帰国枠入試は、出願準備が簡単で、最大で15点加点の優遇措置があります。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

関東学院中学の、帰国子女枠9月編入試験は、毎年7月初旬に行われます。

・2016年度9月編入試験: 7月5日(火)
・2015年度9月編入試験: 7月7日(火)
・2014年度9月編入試験: 7月8日(火)

2017年度は、7月4日(火)で行われると予想します。

関東学院中学入学のメリットです。

関東学院中学は、関東学院大学の附属校です。

2016年度、関東学院高校進学実績(卒業生235名)

・関東学院大 34名

関東学院大学が求める基準に達していて、進学を第一希望としている場合は、進学が可能なんですよ。^^

さて今回は、江戸川学園取手中学の帰国子女枠入試についてお伝えします。

帰国子女枠中学入試では、国算英の3教科が入試科目となる学校があります。

・江戸川学園取手中学(茨城県)
・市川学園中学(千葉県)

・渋谷教育学園渋谷中学英語型(東京都)
・白百合学園中学(東京都)

・成蹊中学(東京都)
・洗足学園中学B方式(神奈川県)

たとえば上記の学校はすべて進学校で、入試科目は3教科ですが、内容がまったく異なります。

・問題傾向(特に英語)
・学校が重視していること

出題傾向がまったく異なるので、入試対策を学校ごとに考えます。

江戸川学園取手中学の帰国枠入試で確認してみましょう。

江戸川学園取手

先日、江戸川取手に行ってきました。

江戸川学園取手

入試担当の先生に確認してきたんですよ。^^

募集要項を確認してみましょう。

まず、出願書類です。

1、入学願書

本校所定のものを用いてください。

複数回出願の場合は、できるだけ同時出願してください。

※調査書・通知表のコピーは不要です。提出書類は願書だけです。(ただし、帰国子女は帰国子女受験者カードを提出してください。)

※入学願書・受験票は、ひと綴りになっていますので切り離さないでください。

※欠席日数、主な理由は保護者の方が記入してください。6年次の記入は1学期終了時までとします。

通知表に記載されている通りの欠席日数及び理由をご記入ください。

※受験票の裏面に郵便番号、住所、氏名をご記入ください。

※願書に記入する本校志望の理由は合否に一切関係ありません。

※HPより抜粋

入学願書と帰国子女受験者カードはこちらです。

入学願書と帰国子女受験者カード

入学願書と帰国子女受験者カード

江戸川学園取手は、出願書類の作成がとてもカンタンなんです。

帰国枠入試では、願書を重視する学校が多いですが、江戸川学園取手の場合、願書内容が合否に関係しません。

次に、入試科目です。

・日本人学校生用: 国算(各60分 各150点満点)、理社(各40分 各100点満点)

帰国枠入試と一般入試は同日に行われます。

ですから4教科とも、一般入試と同じ内容になります。

しかし帰国生が4教科で受験した場合、最高得点の科目には10%の加点があります。

つまり国算のどちらかで満点を取れたら、15点が加点されます。

加点15点が最大加点です。

2017年度、江戸川学園取手中学の合格最低点です。※一番下までスクロールしてください

・東大ジュニアコース合格最低点 339点/500点
・医科ジュニアコース合格最低点 325点/500点
・難関大ジュニアコース合格最低点 279点/500点

医科ジュニアコースと東大ジュニアコースの合格最低点の差が14点ですから、15点の加点は大きいですよね。

・現地校生・インター生用: 国算英(各60分 各150点満点)

こちらの試験も、国算は一般入試と同じ内容になります。

3教科受験の場合、入試結果が500点満点に換算されます。

日本人学校生用の4教科のように、加点による優遇措置はありません。

しかし英語試験内容が、英検準2級~2級レベルですので、英語でハイスコアを狙えるんですよ。^^

最後に、応募状況です。

・2016年度、帰国枠入試受験者数12名: 合格者数7名
・2015年度、帰国枠入試受験者数22名: 合格者数12名
・2014年度、帰国枠入試受験者数19名: 合格者数8名

約半数が不合格となりますので、決してカンタンではありません。

江戸川学園取手を受験する帰国生のみなさん、勉強をがんばってくださいね。

ではメルマガのお知らせです。

今回は、江戸川学園取手中学の、帰国子女枠入試の英語対策について、お伝えします。

最新の情報です。^^

4月27日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報