関西学院千里国際中学の、2017年度1月帰国生入試の作文エッセイテーマについてお伝えします。

● 関西学院千里国際中学の、2017年度1月帰国生入試の作文エッセイテーマについてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

渋谷幕張中学の、2017年度帰国子女枠9月編入試験が、7月6日(木)に行われます。

・募集学年: 中1~高2

・出願期間: 6月22日(木)、23日(金)

・英語の取り出し授業を希望する場合の検査内容: 英語,国語,数学,英語面接,日本語面接

※国語,数学は当該学年の公立中高の学習進度に合わせて出題

※英語は帰国生入試レベルで出題

・英語の取り出し授業を希望しない場合の検査内容: 英語,国語,数学,日本語面接

※国語,数学,英語は当該学年の本校の学習進度に合わせて出題

英語取り出しを希望する場合の英語の試験内容についてです。

たとえば、英検1級を取得していても苦戦するレベルかもしれません。

英語取り出しを希望しない場合の国数の試験範囲についてです。

渋幕は先取り授業を行っていますので、日本人学校の進度よりもかなり先を行っています。

渋幕を受験するみなさん、勉強をがんばってくださいね。

さて今回は、関西学院千里国際中学の、2017年度帰国生入試の作文エッセイテーマについてお伝えします。

2017年1月9日(月)に行われた試験内容です。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。^^

1、作文エッセイテーマ

・この2~3年間で決心した一番大きなことについて(だだし、本校を受験しようと決めたことは除く)

作文用紙は、合計3枚準備されます。

1枚目を書き終え、2枚目に入らないと厳しいそうです。

また面接試験のときに、下記の文を受け取りました。

日本語力の確認だと思います。

全部読み上げて、その中から正しい番号を答えたそうです。

1、ぼくは、サッカーは得意だけれど、野球はいきなり得意ではありません

2、ぼくは、サッカーは得意だけれど、野球はあまり得意ではありません

3、ぼくは、サッカーは得意だけれど、野球はすっかり得意ではありません

4、冬になると、寒さはつぎつぎ厳しくなるでしょう

5、冬になると、寒さはぞくぞく厳しくなるでしょう

6、冬になると、寒さはますます厳しくなるでしょう

・この2~3年間で決心した一番大きなことについて(だだし、本校を受験しようと決めたことは除く)

このテーマで書くべき内容です。

1、イントロで書くべき内容

この2~3年間で決心した一番大きなことは〇〇です。

なぜ決心したかについて説明します。

※上記のような内容を書く

2、ボディで書くべき内容

A: この2~3年間で決心した一番大きなことが〇〇である具体的な理由を書く

B: その決心した〇〇は、どのような結果になったかについて書く

※Aをボディ1、Bをボディ2として書く

3、コンクルージョンで書くべき内容

以上の理由から、この2~3年間で決心した一番大きなことは〇〇だと思います。

A: 〇〇を決心したことで成し遂げることができたので、関西学院千里国際入学後も目標を定めて頑張りたいです

B: 〇〇を決心しましたが成し遂げることができなかったので、関西学院千里国際入学後は、再度チャレンジしたいです

※決心した〇〇の結果を踏まえて、AやBのような、今後どのようにしたいかを書く

この構成で書くとバッチリですよね。

関西学院千里国際の編入試験が、6月18日(日)に行われます。

受験生のみなさん、がんばってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、法政大学女子高校の、帰国子女枠入試の自己PRカードの書き方についてお伝えします。

本日、6月16日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報