東京学芸国際中等教育学校の、2017年度帰国枠9月編入試験のディスカッションテーマをお伝えします。

● 東京学芸国際中等教育学校の、2017年度帰国枠9月編入試験のディスカッションテーマをお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

立命館守山中学の、2017年度帰国子女枠編入試験の合格発表が11月27日(月)にありました。

スカイプレッスン受講生、立命館守山中学に合格です!

担当は、北海道大学医学部の加納先生です。

講師の加納裕太(かのうゆうた)先生

加納先生は、理数科目はもちろん、英語も教えられます、オールマイティーに指導できます。

私立中学・私立高校受験指導、公立中高一貫校の受験指導、高校生の定期テスト対策、編入試験対策など、幅広く対応しているんですよ。^^

さて今回は、東京学芸国際中等教育学校の、2017年度帰国枠9月編入試験のディスカッションテーマをお伝えします。

合格した生徒さんが教えてくれたんですよ。^^

齊藤先生

遅くなりましたが、学芸国際の編入試験のときに書いた英語エッセイを再現しました。

あと、ディスカッションの内テーマを送ります。

ディスカッションテーマ: 新しい科目を作る場合、どんな科目が良いかを話し合ってください

さて、このディスカッションテーマの場合、どのように進めたら良いのでしょうか。

実はカンタンなんですよ。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、東京学芸国際中等教育学校の2017年度帰国枠9月編入試験のディスカッションテーマの進め方について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

12月20日(水)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報