西大和学園中学高校の、英語重視型入試と帰国子女枠入試について、お伝えします。

● 西大和学園中学高校の、英語重視型入試と帰国子女枠入試について、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

法政国際高校グローバル探求コースの、2018年度帰国枠入試2期の合格発表が2月2日(金)にありました。

スカイプレッスン受講生、法政国際高校グローバル探求コースに合格です!

北海道大学歯学部の増田先生

担当は、北海道大学歯学部の増田先生です。

増田先生は、高校在学中にカナダに留学しています。

ですから英語も堪能ですし、現地校やインターの理数科目のこともよくわかっています。

中学受験指導、高校受験指導、編入試験対策はもちろん、現地校やインターに通う生徒さんの理数科目のサポートもできるんですよ。^^

さて今回は、西大和学園中学高校の英語重視型入試について、お伝えします。

西大和学園では、2017年度入試から英語重視型入試を行っています。

・西大和中学: 英語重視型入試を実施、帰国子女枠入試は廃止
・西大和高校: 帰国子女枠入試と英語型入試の両方を実施

英語型入試は、帰国生はもちろん、国内インター生や英語が得意な学生が受験することができます。

国内インター生も、有利に受験できるんですよ。^^

募集要項を確認してみましょう。

西大和学園中学

1、英語重視型A 500点満点: 国語(60分 150点)、算数(70分 150点)、英語筆記試験(40分 100点)英語エッセイ(30分 70点)、英語面接試験(30点)

2、英語重視型B 300点満点: 国語(60分 150点)、算数(70分 150点)、日本語面接試験

提出書類:英検2級に相当する外国語検定試験結果証明書などのコピーが必要です。(他の外国語検定試験についてはお問い合わせください。)

西大和学園高校

1、英語重視型A 300点満点: 国数(各60分 各75点)、英語筆記試験(40分 80点)英語エッセイ(20分 40点)、英語面接試験(30点)

2、英語重視型B 300点満点: 国数(各60分 各150点)、日本語面接試験

提出書類:英検準1級に相当する外国語検定試験結果証明書などのコピーが必要です。(他の外国語検定試験についてはお問い合わせください。)

3、帰国生入試 300点満点: 国数英(60分 各100点)、日本語グループ面接試験

入試に英語が組み込まれていますので、国内インター生は英語力を使って受験することができます。

そして帰国生は、中学入試の場合は英語重視型A・Bの2つから、高校入試の場合は英語重視型A・Bと帰国枠入試の3つから、選択することができます。

そうすると、どの受験方式を選ぶと最もおトクなのでしょうか。

中学入試の場合は、日本人学校生でも、現地校生・インター生でも、英語重視型Bがおトクです。

高校入試の場合は、勉強してきた環境によって、受験方式を考える必要がありますよ。

ご存知でしたか?

ではメルマガのお知らせです。

今回は、西大和学園の英語重視型A・Bと帰国枠入試の詳細とその使い方について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

本日、2月11日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック