愛知大学教育大学附属名古屋中学の、2018年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

● 愛知大学教育大学附属名古屋中学の、2018年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

芦屋国際中等教育学校の、2018年度帰国子女枠編入試験が、7月26日(木)、8月23日(木)に行われます。

・募集学年: 中2(1名)

・出願期間: 7月26日の編入試験は7月24日(火)まで、8月25日の編入試験は8月21日(火)まで

・選抜方法: 作文(日本語か外国語)、面接試験(日本語か外国語)、日本語試験(作文と面接のいずれか、あるいは両方を日本語以外の言語で受験する場合)

芦屋国際は9月編入試験を、7月末と8月末に2回行います。

助かりますよね。

芦屋国際を受験するみなさん、作文対策と面接対策を頑張ってくださいね。^^

さて今回は、愛知教育大学付属名古屋中学の、2018年度帰国子女枠入試内容をお伝えします。

2018年3月5日(月)に行われた試験内容です。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。^^

1、国語と算数(各30分ずつ)

・国語は学年相当(小4〜6の漢字と文章読解)が出題されたそうです

・算数も難しくなかったらしいのですが、方程式やマイナスの計算なども若干出題されていたそうです

2、受験生面接試験

・海外生活で苦労したことは何ですか?

・海外生活で楽しかったことを教えてください

・海外生活で思い出に残っていることを教えてください

・海外と日本で違ったことは何ですか?

・志望理由を教えてください

3、保護者面接試験

・海外では日本の勉強をどの程度行っていましたか?

・海外生活を通して、お子さんが成長したと思われることを教えてください

・志望理由を教えてください

・今後のお子さんの進路についてどのようにお考えですか?

・日本で生活する上での不安なことはありますか?

愛知教育大学付属名古屋中学の帰国枠入試は、一般入試と比べると、かなり合格しやすいです。

入学後は、E組(帰国生徒学級)の生徒対象の数学や社会の補習も行われるそうです。

愛知教育大学付属名古屋中学の帰国枠入試、帰国枠編入試験について、さらに詳しくお知りになりたい場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、兵庫県神戸市立葺合高校の、2018年度帰国子女枠入試内容を、お伝えします。

最新の情報です。

5月20日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。
今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック