広尾学園中学インターナショナルコースAGの、2018年度帰国子女枠編入試験内容をお伝えします。

● 広尾学園中学インターナショナルコースAGの、2018年度帰国子女枠編入試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

神戸大学附属中等教育学校の、2018年度帰国子女枠9月編入試験が、7月30日(月)に行われます。

・募集学年: 第1学年~第5学年 ※欠員がある場合に実施
・試験内容: 学科試験(国数英 各50分)、面接試験(10分程度)

神戸大学附属中等教育学校では、使用している教科書をHPに記載しています。

前期課程(第一学年~第三学年)

・国語: 三省堂、現代の国語
・数学: 数研出版、中学校数学
・英語: 三省堂、New Crown

神戸大学附属の帰国枠編入試験は、学科試験結果が合格基準に達している受験生のみ、合格としています。

欠員補充ではありません。

対策をバッチリ行ってくださいね。^^

さて今回は、広尾学園中学インターナショナルコースAGの、2018年度帰国子女枠編入試験内容をお伝えします。

2017年12月19日(火)に行われた試験内容です。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。^^

1、英語(100点満点 50分間)

エッセイテーマ

Write about a time when you found out your talent or ability.

You should describe the time and why it was so special.

※字数制限は特にありませんでしたが、3~4枚ほど用意されていました。

※サンプル問題同様に、詩と長文読解問題もありました。

2、国語(50点満点 30分間)

作文テーマ

物事のルール、おもにスポーツなどのルールにおいて、記載されていないルールをどのようにしたら守れると思いますか?

300字程度で述べなさい。

※サンプル問題同様に、漢字の読み書き、ことわざの穴埋め問題もありました。

3、数学(50点満点 50分間)

計算問題が数題、文章問題も数題、確率の大問、関数の大問が2問

4、面接試験(日本語と英語 10分程度)

・住んでいた地域の特徴を教えてください(日本語)

・最近読んだ本について教えてください(英語)

・自己PRをしてください(英語)

・志望理由を教えてください(日本語と英語)

齊藤先生、濱津先生

広尾学園のAGコース編入試験、無事に合格いたしました。

前日までしっかりご指導下さった濱津先生のお陰です。

面接試験開始時はドッキリしたようですが、「落ち着いてできた!」と申しておりました。

日本語小論文が300字になっていて予定外でしたが、練習の成果を発揮できたようです。

本当にありがとうございました。

広尾学園の帰国子女枠入試、帰国子女枠入試の日本語作文ですが、2018年度入試から変更されました。

・2017年度、帰国枠9月編入試験まで: 400字程度で書く
・2018年度、帰国枠入試・帰国枠4月編入試験より: 300字程度で書く

100字ほど短くなりました。

少ない字数で、テーマに沿って、具体的に書くのは、とても難しいです。

広尾学園を受験するみなさん、英語エッセイ、日本語作文の対策をバッチリ行ってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、アサンプション国際高校の、2018年度帰国子女枠入試の面接試験内容を、お伝えします。

最新の情報です。

5月24日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック