メールマガジン、「帰国子女枠を有効に使う、初心者のための10日間講座」

● 帰国子女枠入試の基本を、カンタンに学ぶことができます。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

本日11月15日で、ブログを始めて1年となりました。

いつも読んでくださって、ありがとうございます。

1周年を記念して、メールマガジン、『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』を、配信します。

このメルマガを読めば、帰国子女枠入試の基本を、カンタンに学ぶことができますよ。

海外赴任が決まったら、お子さんの教育について、色々と考えますよね。

・日本人学校と、インターのどちらに通わせたら良いのか
・日本の塾がない地域では、どうやって勉強させたら良いのか
・英語はどのぐらいのレベルまで、勉強させたら良いのか

質問をたくさん、いただいています。

でも、最初に知っておくべきことは、「帰国子女枠とは何か?」なんです。

どういう制度で、どのような特典があるのかを知っていたら、教育の選択が決めやすくなります。

行きたい高校が、インター生がに有利なら、インターに通う。

もし、行きたい学校に帰国枠がなければ、日本の子どもたちと同じように勉強する。

そして今はまだ、行きたい学校が決まっていなくても、帰国枠のことを知れば、志望校が決まるかもしれませんね。

帰国枠での入試方法と、どういう準備をしたら良いのかを知っていたら、海外での勉強の仕方が決まりますよね。

ですから、『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』で基本を学んで、お子さんの勉強について考えませんか?

セミナーの内容は以下の通りです。

●1日目、帰国生になるための、海外滞在期間について

●2日目、本帰国の時期について

●3日目、小学校低学年からの、インターナショナルスクール進学について

●4日目、海外からの中学受験について

●5日目、海外からの私立高校受験について

●6日目、海外からの公立高校受験について

●7日目、小学高学年以上からの、インターナショナルスクール進学について

●8日目、私立、国立中学への編入試験について

●9日目、インター生の、私立高校の編入試験について

●10日目、海外にある日本の高校について

毎朝8時にお届けしますので、このセミナーで勉強して、帰国子女枠入試を成功していただけたら嬉しいです。 ^ ^

毎週金曜日にお届けしている、メールマガジン『帰国子女枠入試を成功させるための自己PRと面接練習』とは内容が違いますので、両方合わせて読むと、もっとバッチリですよ。

もちろん登録は、無料ですよ。

下記のリンクから、お申し込みフォームに移動後、「お名前(姓)」と「メールアドレス」をご記入の上、登録ボタンを押してください。

正しく書かれていない場合、予告なくメールセミナーをこちらで解除することがあります。

登録して頂くと、自動返信で、メールボックスに1つ目のメールが届きます。

メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーを確認してくださいね。

では、『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』のご登録は、こちらからどうぞ!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

新着情報