海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

● 海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

同志社国際学院初等部の、2018年度帰国子女枠9月編入試験の合格発表が17月7日(金)にありました。

スカイプレッスン受講生、同志社国際学院初等部に3名合格です!

担当は、北海道大学医学部の家城先生です。

家城英佳(やしろひでか)先生

家城先生は理系ですので、数Ⅰ・数A~数3・数Cはもちろん、高校の化学・物理の指導が可能です。

さらに、英語エッセイ指導もできます。

生徒さんに元気を与えるのが得意で、特に女子に人気があるんですよ。

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

2016年12月24日(土)に行われた試験内容です。

参考にしてみてくださいね。

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

 

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

 

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

 

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

 

海陽学園中学の、2017年度帰国子女枠入試1の英語問題を公開します。

海陽中学の英語は、エッセイを含めて35分間となります。

長文問題を解くのに、15分~20分は使いたいです。

そうすると、英語エッセイは15分程度で書き上げる必要があります。

× エッセイテーマを見て、色々と考えて(ブレーンストーミングをして)、書く
〇 エッセイテーマを見て、これまでに準備してきたことに結び付けて、書く

合格できる、帰国枠入試のエッセイを書きたい場合は、後者が正解です。

考える時間をできるだけ短くして、書く時間を稼がなければ、制限時間内に書き終えることができません。

ブレーンストーミングの時間を短くするためのコツです。

普段から、英語エッセイに使えそうなネタを集めておいてください。

・あるエッセイテーマのボディパート、つまり理由部分としてネタが使えるかどうか
・ネタがエッセイテーマに適しているかどうか

エッセイに使えそうなネタが複数見つかったら、上記を確認していきます。

エッセイを書くことも重要ですが、ネタをエッセイにどのように使うかを考えるのも同じぐらい重要ですよ。

帰国枠入試の英語エッセイ、日本語作文の書き方についてご質問がある場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、関西学院千里国際の、2018年度9月帰国枠編入試験内容について、お伝えします。

入試内容変更後の、最新の試験内容です!

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

8月5日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック