附属ではなく、進学校の編入を考えている、関西に本帰国予定の、海外駐在員のみなさんにお伝えします。

● 附属ではなく、進学校の編入を考えている、関西に本帰国予定の、海外駐在員のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、関西の私立中学の編入試験について、お伝えします。

関西方面に本帰国が決まった場合、編入先として人気が高いのは以下の3校です。

・関西学院千里国際→ ※昨年2012年は、6月24日(日)
・同志社国際→ 2013年6月下旬または7上旬
・立命館宇治→ 2013年6月22日(土)
※編入試験の日程を、学校のHPから掲載しました。

日本人学校の生徒さん、現地校・インターに通う生徒さん、どちらも対応してくれます。

そして3校とも9月編入、つまり2学期から入学することができるので助かりますよね。

しかし、お子さんには大学受験をさせたいと、お考えの駐在員の方もいらっしゃると思います。

そこで進学校の編入についても、お伝えします。

大阪私立中学校高等学校連合会というHPがあります。

ここでは6月の中旬から下旬ごろになると、編入試験を実施する学校を教えてくれるんですよ。

ですから、編入に向けて勉強をしておいて、6月ごろにこのHPを見て、学校を決めたらいいですよね。

記事の最後に、大阪私立中学校高等学校連合会のHPのリンクを貼っておきますので、見てみてください。

でも、もっと早く、どの学校が編入試験を行うか、知りたいですよね。

たとえば、大阪女学院があります。

例年、帰国生に対して、中1から高2まで、9月編入(2学期編入)を行います。

大阪女学院には附属大学がありますが、生徒さんのほとんどが、他大学を受験する進学校です。

大阪女学院の編入試験の要項と、大学進学実績のリンクも、最後に貼っておきますので、確認してくださいね。

そして、大阪の進学校で、編入試験を行う学校は、他にもありますよ。

関西の私立中学の編入情報について、メルマガで配信します。

もうひとつのメルマガの方です。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間セミナー』に、3月18日(月)の24:00までに登録をしておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大阪私立中学校高等学校連合会のHPは、こちらから!

大阪女学院の編入試験、帰国生募集要項は、こちらから!

大阪女学院の大学進学実績は、こちらから!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 編入試験について
附属ではなく、進学校の編入を考えている、関西に本帰国予定の、海外駐在員のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣