「齊藤先生の、大阪教育大学附属池田中の面接練習は、とても楽しい時間でした。」面接練習サービス

● 「齊藤先生の、大阪教育大学附属池田中の面接練習は、とても楽しい時間でした。」面接練習サービス

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2月10日実施の高校入試で、第一志望校を受験する生徒さんが多いですよね。

都内の高校を受験する生徒さんも、関西を受験するみなさんも、がんばってくださいね。

さて、大阪教育大学附属池田中学を帰国子女枠で受験した生徒さんから、帰国子女枠入試、面接練習サービスの感想をいただきましたので、ご紹介しますね。

(お客さまの了解は、いただいています。)

齊藤先生へ

今年、2013年度の帰国枠入試で出題された、面接の質問を書いてみます。

・志望理由
・自分のプレゼンテーションについて
・旅行に行って印象的だった場所の説明
・日本の学校と、滞在国の学校の違い
・日本の文化と、滞在国の文化の違い
・日本の文化と、滞在国の文化の具体例
・滞在していた国の人に、日本人を説明するとしたら
・将来の夢

面接中に気がついたことは、顔が見えていた面接官は3人でしたが、ついたての後ろにもたくさんの面接官がいました。

また、面接では、滞在国と日本の違いを聞かれることが多かったです。

先生の面接練習を受けて、忘れていた滞在国の細かいことを思い出しました。また、とても楽しい時間でした。

ありがとうございました。

世界遺産検定頑張ってください!

私も、これから目標を決めて頑張ります!

嬉しいですね。 ^ ^

面接試験の質問を、ちゃんと覚えて帰って来てくれたんですよ。

ご存知の通り、大教大池田中の帰国枠入試を突破するためには、20分間の面接試験をクリアしなければいけません。

・日本の学校と、滞在国の学校の違い
・日本の文化と、滞在国の文化の違い
・日本の文化と、滞在国の文化の具体例

生徒さんが報告してくれたように、滞在していた国と、日本との違いを徹底的に聞かれますので、一緒に準備をしました。

また、この生徒さんの最大の長所は、プレゼンテーションの経験でした。

ですから、面接でうまくアピールできるよう、何度も練習しました。

私の面接練習では、受験校に合わせた対策を行います。

長時間の面接、ディスカッション、プレゼンテーション、どのタイプの面接でも練習できます。

そして私は、生徒さんの長所を見つけて、アピールできるように指導します。

生徒さんは、面接試験のときに、バッチリな自己PRができるようなるんですよ。

大阪教育大学附属池田中学の合格した生徒さんが受けたサービス、『帰国子女枠入試、面接練習サービス』は、こちらです。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、同志社国際高校の帰国枠入試問題の解説について、配信します。

同志社国際の帰国枠入試の過去問題は、学校のHPからダウンロードできます。

でも、解答はないんですよね。

私は解答を持っていますので、メルマガで解説しますね。

本日、7日(木)、日本時間24時に配信しますので、『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』を登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック