立教池袋中学を受験する、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 立教池袋中学を受験する、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、立教池袋中学の帰国子女枠入試についてお伝えします。

9月もそろそろ終わりです。

12月の帰国枠入試に向けて、がんばっている生徒さんも多いかと思います。

・12月3日(火)→ 立教池袋中学
・12月4日(水)→ 学習院中等科

どちらの男子校も、毎年受験生が多いですよね。

2014年度、立教池袋の帰国児童入学試験の募集要項が発表されていますので、確認をしてみましょう。

補足しますね。

・出願→ 2013年11月21日(木)と、22日(金)の9:00~15:00
・入試科目→ 国語(80分、作文を含む)、算数(50分)
・個人面接→ 面接官2名、10分前後
・グループ面接→ 面接官3名、生徒6名、15分~20分
・外国語→ 希望者のみ、この結果で合否は決まらない

font color=”#FF0000″>※帰国枠入試の過去問題は、非公開

次にグループ面接の流れです。

面接官: 

これから、2つのことについて、みなさんに話してもらいます。

わかった人から、手を挙げてください。

ひとつめは、「〇〇」についてです。

質問に対して、受験者は挙手順に全員答えていきます。

ふたつめは、「□□」についてです。

二問目も同じように答えていきます。

答えに対して、面接官から突っ込まれることはありません。

他にも受験者がいる中で、手を挙げて答えるのは緊張してしまうかもしれませんが、がんばって答えてくださいね。

では、メルマガのお知らせです。

第130回目の配信は、立教池袋中学の、グループ面接の質問内容についてです。

9月27日(金)の日本時間24:00までに、登録してくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック