渋谷教育学園幕張中学の、2008年帰国子女枠入試の英語エッセイのテーマをお伝えします。

● 渋谷教育学園幕張中学の、2008年帰国子女枠入試の英語エッセイのテーマをお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2014年度9月編入試験が、今週から本格的に始まりました。

7月上旬に編入試験を行う学校が多いのですが、7月末から8月にかけて行う学校もあります。

・芦屋国際中等教育 7月24日(木)
・広尾学園 7月29日(火)
・甲南 8月1日(金)
・神戸大学附属中等教育住吉 8月20日(水)
・海城 8月22日(金)

受験生のみなさん、編入試験勉強、がんばってくださいね。

さて今回は、渋谷幕張中学の、2008年帰国子女枠入試の英語エッセイのテーマをお伝えします。

渋幕の帰国枠は、エッセイが重要ですよね。

参考にしてみてくださいね。^^

We have entered into the 21st century and it seems as if the pace of change is increasing rapidly. By the end of the 21st century, what do you think will be the three major global changes that will have happened? How will these changes affect the way we live? Please explain your answers thoroughly.

テーマは、21世紀の終わりまでに起こる、3つの地球規模の変化についての予想です。

難しいテーマではありませんので、時間さえあれば書けますよね。

ところで渋幕のエッセイのテーマは、それほど特殊でありません。

ご存知でしたか?

学校で、帰国枠の過去問題が2年分もらえますよ、確認してみてくださいね。

でももっと、5年分ぐらいいただけたら、準備がしやすくなりますので助かりますよね?

ではメルマガのお知らせです。

今回は、渋谷幕張中学の、5年分の帰国子女枠入試の英語エッセイのテーマを、お伝えします。

7月11(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
渋谷教育学園幕張中学の、2008年帰国子女枠入試の英語エッセイのテーマをお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック