芝浦工業大学中学と実践女子中学は、帰国枠入試を行い、しかも休学と復学をしやすいです。

● 芝浦工業大学中学と実践女子中学は、帰国枠入試を行い、しかも休学と復学をしやすいです。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2016年度、栄東中学のシンガポール帰国子女枠入試が、12月6日(日)に行われます。

・出願期間: 2015年11月6日(金)~11月16日(月)
・試験内容: 算国(各50分・各100点満点)か算英(各50分・各100点満点)+面接試験

栄東中学は、1月10日(日)、16日(土)に、帰国枠入試を行います。

シンガポール入試は、それよりも1か月前に行われますので、問題が易しくなると予想できますよね。

栄東中学の帰国枠1月入試の結果です。

・2015年度栄東中学帰国枠入試受験者数21名: 合格者数5名
・2014年度栄東中学帰国枠入試受験者数9名: 合格者数2名
・2013年度栄東中学帰国枠入試受験者数17名: 合格者数10名

2014年度入試から、合格が難しくなっています。

栄東中学合格したい場合は、シンガポール入試も受験されると良いですよ。^^

さて今回は、帰国子女枠入試実施校に入学後の休学・復学についてお伝えします。

海外駐在が長くなってきた場合、お子さんの本帰国の時期をいつにするかで、悩まれるかもしれません。

駐在が終わる頃に、お子さんの受験が重なるのが理想です。

しかし駐在がまだ長くなりそうなので、中学受験をあきらめたのにも関わらず、お子さんが中2の4月から日本の学校に通うことになった場合。

「だったら受験させておけばよかった!」ということに、なりかねません。

そこで、帰国枠入試を行う学校の中で、入学後しばらく通った後に、休学ができて、復学がカンタンな学校をご紹介します。

・芝浦工業大学中学: 中3の12月までに復学する場合は、無条件で復学
・実践女子中学: 高2いっぱいまでに復学する場合は、無条件で復学

復学がこんなにカンタンです。

実践女子は高2までに戻れば良いので、保護者の方の駐在期間がかなり延長された場合でも、安心ですよね。

志望校を選ぶ場合は、休学と復学のしやすさを考えても良いかもしれませんね。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、東京都の休学・復学のしやすい、帰国子女枠入試を行う学校について、お伝えします。

9月30(水)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック