慶應湘南藤沢中学の、2012年度帰国子女枠入試の作文テーマと面接試験内容をお伝えします。

● 慶應湘南藤沢中学の、2012年度帰国子女枠入試の作文テーマと面接試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

同志社国際高校の合格発表が、12月16日(水)にありました。

スカイプレッスン受講生も、同志社国際高校に2名合格です!

担当は、北海道大学獣医学部の今里先生です。

今里先生
今里先生は、渋谷幕張中学に帰国枠で編入されているんですよ。

本日、1月28日(木)は、福岡県立公立高校の帰国子女枠入試が行われました。

・試験内容: 国語(60分)、数英(各45分)、作文(50分)、面接試験(10分)

福岡県の公立高校の帰国枠は、現地校やインターに通う生徒さんしか使えません。

準備が大変だったと思います、入試お疲れ様でした。^^

さて今回は、慶應湘南藤沢中学の、2012年度帰国子女枠入試の作文テーマと面接試験内容をお伝えします。

合格した生徒さんに教えてもらったんですよ。

参考にしてみてくださいね。^^

外国語作文テーマ(一次2月2日): 2題、30分ずつ

1、長年の研究の結果、あなたはついに新しい生物を発見しました。その発見までのプロセスを、みなさんに発表してください。

2、これからの国際社会で役立つためには、どのような知識が必要ですか?3つ答えてください。

面接試験(二次2月4日): 日本語・英語

・面接形態: 面接官2、受験生1

・時間: 約15分

・質問内容(日本語)

1、自己紹介をしてください

2、家族を紹介してください

3、滞在国の学校と日本の学校の違いを教えてください

4、英検をどのように勉強しましたか?

5、志望理由を教えてください

6、受験勉強をどのように取り組んできましたか?

・質問内容(英語)

1、休みの日は何をされていますか?

2、滞在していた国で最も楽しかったことは何ですか?

3、最近関心を持ったニュースは何ですか?

4、お勧めの本を紹介してください

物語系エッセイは、齊藤先生に教わった書き方で対応できました。

面接もぜんぶ練習でやった内容なので、答えられました。

本番よりも、先生との練習の方が、よっぽど緊張しました。笑

齊藤先生のレッスンは厳しかったですが、先生のおかげで合格できました。

ありがとうございました。

1、物語的なテーマ
2、自分の経験や意見を述べるテーマ

慶應湘南藤沢では2つのテーマでエッセイを書くことになります。

短時間で物語的なテーマを書ける練習をしておくと良いですよ。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、2015年度、東京都立国際高校帰国子女枠9月編入試験の面接試験内容について、お伝えします。

7月7日(火)に行われた試験内容についてです。

1月31(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック