学習院中等科の、2016年度帰国子女枠入試の作文と面接試験内容をお伝えします。

● 学習院中等科の、2016年度帰国子女枠入試の作文と面接試験内容をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2016年度、国際基督教高校(ICU)の9月編入を受験するみなさんにお伝えします。

出願に備えて、3つ準備をされておくと良いです。

・学校の成績を上げておくこと
・外国語検定(英検やTOEICなど)の資格を取っておくこと
・自己アピールカードを、バッチリな内容で書くこと

これらは、合格するためには欠かせません。

しっかり準備してくださいね。

自己アピールカードの正しい書き方は、こちらで学ぶことができますよ。^^

さて今回は、学習院中等科の2016年度帰国子女枠入試の作文と面接試験内容をお伝えします。

12月4日(金)に行われた入試内容です。

参考にしてみてくださいね。^^

齊藤先生

学習院の面接試験内容を、子どもから聞いたので報告いたします。

・作文テーマ: 「今まで読んだ本の中の登場人物と、性格などがそっくりな人について」

※実際に、出会ったことのある人であること

・グループ面接試験内容: 4~5人1組となって4つの部屋で面接、待機時間も含めトータル2時間半

1、理科系: 紙で橋のような形を作る、耐久力の高い形を考える

2、社会系: 家の周辺の地図を黒板に書く

3、体育系その1: 1人1個バレーボールを持ち、対角線上にいる人にパスをする

3、体育系その2: 2人1組で向き合って、2人とも四つん這いの恰好をする、そして交互に手を前に伸ばす

4、言語系: 入学したら何部に入りたいですか?(※英語で回答する)

・保護者面接内容: 10分程度

1、海外で感動したことは何ですか?

2、海外で苦労したことは何ですか?

3、併願校はありますか?

松尾先生とのレッスンで、地図を描く練習をしてたので、簡単に描けたそうです。

ありがとうございました。

学習院中等科の面接試験ですが、保護者面接は参考程度となります。

グループ面接試験での発言や行動は、学科試験同様に評価されますよ。

2017年度、学習院中等科を受験する帰国生のみなさん、がんばってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、東京都立国際高校の作文の書き方について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

本日、2016年度、1月15日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック