英検2016年度第1回からの、2級エッセイに困っている日本人小学校の帰国生に通うお伝えします。

● 英検2016年度第1回からの、2級エッセイに困っている日本人小学校の帰国生に通うお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

國學院久我山中学の帰国子女枠9月編入試験が、7月16日(土)に行われます。

・対象学年: 中2男子、中3男子
・出願期間: 7月1日(金)~7日(木)
・選抜方法: 学科試験(国数英 各50分 各100点満点)+面接試験(受験生・保護者別)

國學院久我山では、中3の1学期までに中学内容がすべて終わります。

ですから中3の9月編入試験の試験範囲は、中学内容全範囲となります。

数学は、数研出版の体系数学1(代数編・幾何編)、体系数学2(代数編・幾何編)を終わらせておきましょうね。

さて今回は、英検2級のエッセイについて、お伝えします。

2016年第1回英検が、6月12日(日)に行われます。

そして今回の英検から、問題形式が変わります。

たとえば、江戸川女子中学の帰国子女枠入試を受験する場合、英検2級を持っていると合格基準点が下がります。

・帰国子女枠入試、国算合格基準点(英検2級なし): 160点/200点
・帰国子女枠入試、国算合格基準点(英検2級あり): 140点/200点

合格点が20点も下がるのは大きいです.

英検2級を取っておきたいですよね。^^

そこで2級の変更概要を確認してみましょう。

・2級変更前: ライティングテストなし
・2級変更後: ライティングテストあり(エッセイ 80語~100語)

リスニングで点数を稼ぐことができたなら、2級合格はそれほど難しいことではありませんでした。

これからは、ライティングテスト(エッセイ)が始まってしまうので。

日本人小学校の生徒さんはもちろん、現地校やインターナショナルスクールに通う低学年の生徒さんは、困りますよね。

でも、英検協会が問題の見本と模範解答を掲載してくれていますよ。^^

2級 ライティングテスト・問題見本

1、以下のTOPICについて、あなたの意見とその理由を2つ書きなさい。

2、POINTSは理由を書く際の参考となる観点を示したものです。ただし、これら以外の観点から理由を書いてもかまいません。

3、語数の目安は80語~100語です。

・TOPIC

These days, some people buy things on the Internet. Do you think more people will do so in the future?

・POINTS

1、Price
2、Safety
3、Technology
2級・満点解答例

イントロ: I think that Internet shopping will become more popular in the future.

ボディ1: First, Internet shopping is very convenient. Some people are very busy during the day, so they do not have time to go shopping at regular shops. Internet shops do not close at night like regular shops do, so people can shop for things whenever they like.

ボディ2: Also, Internet shopping is often cheaper than buying things in stores. People always like buying things cheaply, so they will start shopping on the Internet more in the future(87語)

エッセイの構成は、イントロ、2ボディにするよう、指示されています。

つまり、通常の英語エッセイからコンクルージョンを除いて書けばオッケーなんです。

書き方のコツを教えます。

2級のエッセイの書き方について、英検協会は以下のように指示しています。

・POINTSは理由を書く際の参考となる観点を示したものです。ただし、これら以外の観点から理由を書いてもかまいません。

・ボディ1: Convenienceについて(POINTSになし)
・ボディ2: Priceについて(POINTSにあり)

準1級は与えられたPOINTSに従って書く必要がありますが、2級はその必要がないそうです。

しかし模範解答のように、2ボディの中の1つは、POINTSに沿って書くいておくと安全ですよね。

2級を取って、帰国子女枠入試で有利に受験したい帰国生のみなさん、がんばってくださいね。^^

では、メルマガのお知らせです。

2016年度第1回からの英検2級のエッセイの書き方についてお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

6月10日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 英語習得について
英検2016年度第1回からの、2級エッセイに困っている日本人小学校の帰国生に通うお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣