早稲田渋谷シンガポール校の12月入試を日本、インド、ミャンマー、オーストラリアから受験する生徒さんにお伝えします。

● 早稲田渋谷シンガポール校の12月入試を日本、インド、ミャンマー、オーストラリアから受験する生徒さんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2017年度、早稲田佐賀中学の帰国子女枠入試が1月8日(日)に行われます。

・試験内容: 国算(各60分 各100点満点)、面接試験(15分程度)

早稲田佐賀の帰国枠入試は、一般入試と同日に行われます。

入試内容は一般入試と同じですが、合格点が下がります。

・帰国枠入試の合格点は、5割~6割程度(一般入試は通常6割以上)
・面接は理社の代わりとなるので重要

入試担当の先生に確認したんですよ。^^

早稲田佐賀中学を受験されるみなさん。

学科試験の対策だけでなく、面接の準備もバッチリ行ってくださいね。^^

さて今回は、早稲田渋谷シンガポール校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

2017年度、早稲田渋谷シンガポール校の帰国子女枠入試が、12月3日(土)に行われます。

早稲田渋谷シンガポール校は早稲田大学の系属校です。

ですから早稲渋生は、早稲田大学に内部推薦で進学できます。

早稲田渋谷シンガポール校、2016年度の早稲田大学推薦枠です。※15、16ページ

早稲田大学政治経済学部 4名

早稲田大学政治法学部 3名

早稲田大学文学部 8名

早稲田大学文化構想学部 8名

早稲田大学政治経済学部 4名

早稲田大学教育学部 4名

早稲田大学商学部 3名

早稲田大学基幹理工学部 5名

早稲田大学創造理工学部 4名

早稲田大学先進理工学部 4名

早稲田大学社会科学部 3名

早稲田大学人間科学部 9名

早稲田大学スポーツ科学部 5名

早稲田大学国際教養学部 3名

合計 65名

さらに関西学院大学の指定校枠が19名あります。

1学年の生徒数は、およそ100名です。

ですから、80名以上が早稲田大学か関西学院大学に進学できます。

とてもおトクな学校なので、根強い人気がありますよね。^^

12月入試の募集要項を確認してみましょう。

・出願期間: 11月1日(火)~10日(木)
・試験会場: 東京、シンガポール、ジャカルタ、クアラルンプール、バンコク、ホーチミン、香港、台北、北京、上海
・試験内容: 国数英(各50分 各100点満点)

まず試験会場についてです。

東アジア、東南アジアの日本人学校で受験できるので、とても便利です。

東アジア、東南アジア各地域には、帰国枠入試対応の塾がありますので、早稲田渋谷シンガポール対策を行ってくれます。

特にシンガポール、マレーシア、タイでは、早稲渋を受験する生徒が多いので、傾向に詳しい先生が多いので安心です。

次に試験科目です。

・国語: 説明文、物語文、古文

帰国枠入試、特に年内入試の場合、古文を出題しない学校が多いのですが、早稲渋では出題されます。

普段、古文を勉強しない環境にある場合は、古文の対策を念入りに行ってくださいね。

・数学: 公立中学校の中学3年生1学期~2学期の途中までが試験範囲

入試日が12月3日ですので、公立中学3年生の3学期内容は出題されません。

海外の塾では、中2の終わりまでに公立中学校3年間の内容を終えて、中3からは入試対策を行っていることが多いです

ですから、特に問題はないと思います。

しかし日本の公立高校を専門に対策されている塾などでは、ひょっとしたら進度がゆっくりかもしれません。

早稲渋を、たとえば日本、インド、ミャンマー、オーストラリアから受験するみなさん。

過去問題を確認してから、対策されるとよいですよ。

勉強をがんばってくださいね、応援しています。^^

ではメルマガのお知らせです。

今回は、早稲田渋谷シンガポール校の12月入試の対策と合格点について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

私はマレーシアで11年間、シンガポールで3年間、早稲田渋谷シンガポール校の入試対策を行ってきたんですよ。^^

10月11日(月)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック