東京都立国際高校のバカロレアコースの入試での合格は、レギュラーコースでの合格よりも優先されます。

● 東京都立国際高校のバカロレアコースの入試での合格は、レギュラーコースでの合格よりも優先されます。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

逗子開成高校の、2017年度帰国子女枠9月編入試験が、6月29日(木)に行われます。

・募集学年: 高1
・出願期間: 6月1日(木)~8日(木)
・試験内容: 国数、作文、面接試験(親子)

逗子開成は中高一貫校ですので、授業進度が速いです。

・国語: 中3半ばまでに中学内容が終了
・数学: 中2までに中学内容が終了
・英語: 中2半ばまでに中学内容が終了

つまり中3の後半からは、3教科とも、高1内容を勉強します。

特に数学は、中3のうちに数1と数Aを終えます。

高1編入試験を受験する場合、逗子開成の進度に合わせて準備をしてくださいね。

さて今回は、東京都立国際高校のバカロレアコースについて、お伝えします。

東京都立国際高校国際バカロレアコースの、2017年度帰国子女枠9月入試が、7月5日(水)と6日(木)に行われます。

・募集学年: 高1
・出願期間: 6月30日(金)~7月3日(月)

東京都立国際高校には2つのコースがあります。

・レギュラーコース(通常のクラス)
・バカロレアコース(IB)

上記の2つです。

出願条件に合えば、両方に出願、つまり併願出願することができます。

しかしバカロレアコースの合格が、優先されます。

ご存知でしたか?

募集要項を確認してみましょう。※一番下までスクロールしてください

重要

本校のIBコースの9月入学生徒の選抜に出願する人は、海外帰国生徒対象の9月入学生徒の選抜及び在京外国人生徒対象の9月入学生徒の選抜に併せて出願及び受検することができますが。

本校のIBコースの選抜の合格者は、入学手続きをしない場合でも、海外帰国生徒対象の選抜及び在京外国人生徒対象の選抜における合格者となりません。

IBコースに出願する場合は、このことを十分に留意してください。

バカロレアコースの入試は、推薦入試と同じ位置づけとなります。

ですから合格したら、入学することが前提となります。

・バカロレアコース9月入試7月5日(水)、6日(木): 合格発表7月11日(火)
・レギュラーコース9月編入: 7月7日(金): 合格発表7月12日(水)

試験日が近いので両方を受験できます。

しかし入試日の関係上、バカロレアの合格発表が先に出ます。

バカロレアで合格し、レギュラーでも合格基準に達していたとしても、バカロレアの合格が優先されることになります。

そもそも試験内容がまったく異なるので、他校のようにスライド合格ということもありません。

ですから都立国際高校のレギュラーコースを第一志望としている場合は、レギュラーコースだけを受験するようにしてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、お茶の水女子大付属中学の、2017年度帰国子女枠入試内容について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

5月29日(月)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック