東京学芸大国際中等教育学校の帰国子女枠編入試験に、2名合格しました!

● 東京学芸大国際中等教育学校の帰国子女枠編入試験に、2名合格しました!

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

合格速報です。

先日、6月27日(木)に、東京学芸大附属国際中等教育学校の、編入試験が行われました。

生徒さん2名、合格しました。 ^ ^

生徒さんが、ディスカッションのときの様子を、報告してきてくれたんですよ。

先生、合格しました!

ディスカッションのとき、明らかに、自分が他の人と違うことに気がつきました。

こんなに違うと思いませんでした。

他の受験生は、ただ何となく話しているだけでした。

会話を進行させたり、提案したり、やっぱりできないですよね、普通だったら。

始まるまでは不安でしたが、でも、うまくできたと思います。

合格おめでとうございます!

私も、本当に嬉しいです。^^

国際中等教育の面接は、特殊なんですよね。

・プレゼンテーション
・ディスカッション

この2つが行われます。

ですから、国際中等教育用の面接対策が必要です。

生徒さんたち、本当に、練習をよくがんばったと思います。

がんばったから、他の受験生に差をつけることができました。

東京学芸大附属国際中等教育学校に、合格するためのレッスンは、こちらです。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

英語は苦手ではないけれど、エッセイで何を書いたら良いのか、アイデアがゼンゼン浮かばない生徒さんに役立つテキストについてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。 

8日(月)の24:00に配信しますので、参考にしてくださいね。   

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。 

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック