法政大学国際高校の帰国枠入試内容が、2018年12月18日(土)に実施される試験から変更されます。

● 法政大学国際高校の帰国枠入試内容が、2018年12月18日(土)に実施される試験から変更されます。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

法政大学国際高校の帰国枠入試内容が変更されます。

2018年12月18日(土)のⅠ期と2019年2月1日(金)のⅡ期の入試内容が変更されることが決定しました。

変更前の試験内容

・書類審査、日本語作文(50分 800字程度)、面接試験(10分程度 日本語と英語)

変更後の試験内容

・書類審査、日本語作文(50分 800字程度)、英語エッセイ、面接試験(10分程度 日本語)

詳細は10月20日の学校説明会で発表されるそうですので、そちらでご確認ください。

変更点について、捕捉説明をします。

・英語エッセイが追加

英語エッセイの試験時間は、20分間、または50分間だそうです。

英語エッセイのword数ですが、試験時間によって異なります。

試験時間が50分間の場合は、300~400words程度、書くことができます。

20分間の場合は、120~160wordsになると予想できます。

英検2級のwritingで、100wordsぐらいです。

300~400words程度とは、英検2級writingの3~4倍の長さを意味します。

そして英語エッセイテーマの難易度ですが、英検2級のwritingテーマぐらいだそうです。

英語が得意であれば、日本人学校生でも十分合格を狙えるそうです。

入試担当の先生に確認したんですよ。^^

法政国際高校の帰国枠入試の応募状況です。

・2018年度受験者数62名: 合格者数23名
・2017年度受験者数20名: 合格者数11名
・2016年度受験者数31名: 合格者数16名

2018年度入試から、受験者数がかなり増えました。

合格はカンタンではありません。

自己PRカードの作成、作文エッセイ対策、面接対策をバッチリ頑張ってくださいね。

また、どのようにして作文エッセイを対策したら良いかをお知りになりたい場合は、齊藤までご連絡ください。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、東京学芸大学附属高校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

10月12日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
法政大学国際高校の帰国枠入試内容が、2018年12月18日(土)に実施される試験から変更されます。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック