頌栄女子学院中学の、2003年度帰国子女枠12月入試の英語を公開します。

● 頌栄女子学院中学の、2003年度帰国子女枠12月入試の英語を公開します。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

お茶の水女子大学附属小学校の、2019年度帰国子女枠9月編入試験が、8月26日(月)に行われます。

・募集学年: 小4、小5
・出願期間: 8月22日(木)、23日(金)
・試験内容: 作文エッセイ(60分 日本語と英語)、行動観察(30分 グループ)、受験生面接試験(15分 日本語と英語)、保護者の面接試験(20分)

※編入試験は、待機時間をあわせて、2時間かかります。

お茶の水女子大学附属小学校の帰国枠編入試験は、とても特殊です。

このような試験です。

対策をバッチリ行ってくださいね。^^

さて今回は、頌栄女子学院中学の、2003年度帰国枠12月入試の英語を公開します。

頌栄女子学院中学の帰国枠入試は、過去問題を入手できません。

非公開となっています。

いただけるのはサンプル問題だけです。

ですから、出題傾向が分からなくてお困りの方が多いかもしれません。

頌栄女学院中学の2003年の12月帰国枠入試問題を入手することができました。^^

頌栄の、2019年度帰国枠入試の出題形式は以下のようになっています。

1: ライティングタスク

A: フィクションのエッセイを書く
B: ノンフィクションのエッセイを書く

2: リーディングコンプリヘンジョン

A: 長文読解
B: 2Aの長文に関する質問

3: グラマー&ボキャブラリー

A: 選択肢1と選択肢2から単語を選び、文脈に合う熟語を作る
B: 4択の中から正しい答えを選ぶ
C: 3択の中から文中の単語と同じ意味の単語を選ぶ

2003年度の帰国枠入試は、現在の帰国枠入試とは出題形式が異なります。

しかし、リーディングコンプリヘンジョンとグラマー&ボキャブラリーのレベルを知ることができると思います。

また、フィクションのエッセイも出題されています。

参考にしてみてくださいね。^^

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試問題

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試問題

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試問題

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試問題

頌栄女子学院中学、2003年12月帰国枠入試問題

出題形式は違いますが、傾向は現在の入試と似ていますよね。

2003年も、長文読解と、英文法、熟語、語彙の問題が出題されています。

英文法や熟語などを何となく理解しているけれど、体系的には学んでいない現地校生やインター生は多いかもしれません。

頌栄を受験するみなさん、12月入試に向けて、バッチリ勉強してくださいね。^^

では、メルマガのお知らせです。

今回は、頌栄女子学院中学の帰国枠入試対策について解説します。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

7月14日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック