立命館宇治高校IBコース帰国枠推薦入試出願に必要となる英語資格をお伝えします。

● 立命館宇治高校IBコース帰国枠推薦入試出願に必要となる英語資格をお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2020年度、茗渓学園中学の帰国子女枠入試が、11月23日(土)に行われます。

・試験会場: 香港、上海、シンガポール、バンコク、ロンドン、ダラス

・出願期間: 9月20日(金)~10月25日(金)

・グローバルコース試験内容: 英語エッセイ(50分)、個人面接試験(日本語と英語 30分程度)、親子面接試験(日本語 15分程度)

・国算試験内容: 国算(各50分)、個人面接試験(日本語 15分程度)、親子面接試験(日本語 15分程度)

海外6会場で受験することができます。

助かりますよね。

茗渓学園中学高校の帰国枠入試は、面接試験も重要です。

バッチリ準備をしてくださいね。^^

さて今回は、立命館宇治高校の、帰国枠推薦入試についてお伝えします。

立命館宇治高校の帰国枠入試に出願する際、推薦、専願、併願のいずれかを選ぶ必要があります。

募集要項を確認してみましょう。※4ページまでスクロールしてください。

・推薦: 本校への入学を第一志望とし、学業・人物ともに著しく優れ、本校の定める推薦資格要件を満たし、中学校長等の推薦を受けた者

・専願: 本校を第一志望とし、合格後本校への入学を確約できる者

・併願 国際(帰国生徒・外国籍生徒)入学試験の出願資格を満たしている者

立命館宇治の帰国枠入試は、推薦、または専願で出願を求められることが多いです。

次に、各コースの出願条件と入試科目です。

・IGコースA方式 推薦、または専願で出願: 作文エッセイ(日本語、または英語)、親子面接

・IGコースB方式 推薦、または専願で出願: 国数英、親子面接

・IGコースB方式 併願で出願: 国数英

・IMコースA方式 推薦、または専願で出願: 作文エッセイ(日本語、または英語)、親子面接

・IMコースB方式 推薦、または専願で出願:国数英、親子面接

・IBコース: 推薦、または専願で出願: :英語エッセイ、数学、親子面接

併願で出願できるのは、IGコースのB方式だけとなっています。

IGコースB方式の受験を併願で考えている場合、合格率が気になりますよね。

そこで、帰国枠IGコースB方式の併願受験の応募状況を確認してみましょう。

・2019年度、帰国枠11月入試IGコースB方式併願受験者数41名: 合格者数24名(59%)

・2018年度、帰国枠11月入試IGコースB方式併願受験者数56名: 合格者数30名(54%)

併願は、2人に1人が合格している状況です。

併願で受験するということは、他校、私立の2月入試や国公立などを第1希望としているということですよね。

しかし、併願での受験は合格最低点が高くなるので、合格はそれほどカンタンではありません。

一方で、推薦と専願の合格率はどうなっているのでしょうか。

国内入試の推薦と専願で、応募状況を確認してみましょう。

・2019年度、国内11月入試推薦入試(IGコースA方式、IGコースB方式、IMコースA方式、IMコースB方式、IBコースすべて)受験者数130名: 合格者数130名(100%)

・2019年度、国内11月入試専願入試(IGコースA方式、IGコースB方式、IMコースA方式、IMコースB方式、IBコースすべて)受験者数122名: 合格者数42名(34%)

・2018年度、国内11月入試推薦入試(IGコースA方式、IGコースB方式、IMコースA方式、IMコースB方式、IBコースすべて)受験者数129名: 合格者数129名(100%)

・2018年度、国内11月入試専願入試(IGコースA方式、IGコースB方式、IMコースA方式、IMコースB方式、IBコースすべて)受験者数125名: 合格者数50名(34%)

推薦入試受験者は、全員合格できています。

一方で専願で出願しても、当日の試験の点数が十分でなかったり、学校の成績が悪かったりすると、合格できません。

入試では、面接試験の様子も見ますが、学校の成績と当日の試験結果を重視するそうです。

立命館宇治高校に合格したい場合は、推薦、または専願で出願した方が良いですよね。

最後に、立命館宇治高校の推薦入試出願資格です。

・学校の成績(過去3年間分を提出): 最後の成績が、現地校生・インター生はAが半分以上、日本人学校生は9教科で40/45以上

・英語資格(IBコース受験者は必須): 英検準1級、TOEIC740、iBT TOEFL80、IELTS6.5以上のいずれかを持っていること

IBコースに確実に合格したい場合は、上記の英語資格を取得して、推薦で受験すると良いですよね。

上記の英語資格の中で取得しやすいのは、英検準1級とTOEIC740です。

IBコース以外のコースの推薦入試を希望する場合でも、英語資格を提出した方が良いです。

現地校生・インター生で学校の成績があまり良くない場合は、英検準1級、TOEIC740、iBT TOEFL80、IELTS6.5以上、あるいはそれに近いスコアを持っていると、推薦資格を得られる可能性が高くなるそうです。

一方で、日本人学校生が推薦入試に出願するためには、内申点40以上は必須だそうです。

また、推薦資格が得られず、専願で受験する場合でも、学校の成績が良い方が有利だそうです。

すべて、入試担当の先生に教えてもらったんですよ。^^

立命館宇治高校を受験するみなさん、11月入試を頑張ってくださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、土浦日本大学高校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

8月8日(木)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック