金蘭千里中学の、帰国子女枠入試の日本語、適性検査、面接試験についてお伝えします。

● 金蘭千里中学の、帰国子女枠入試の日本語、適性検査、面接試験についてお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

森村学園小学校の、2019年度帰国子女枠3学期編入試験が11月27日(水)に行われます。

・募集学年: 小3、小4
・出願期間: 11月6日(月)~8日(水)
・試験内容: 国算(各40分 各100点満点)、面接試験(親子別 10分~20分)

森村学園小学校の生徒は、森村学園中等部に進学することができます。

入学後に海外に転出する場合、3年以内で、6年生になるまでであれば、復学することができるんですよ。

森村学園小学校を受験するみなさん、頑張ってくださいね。

さて今回は、金蘭千里中学の、帰国子女枠入試についてお伝えします。

金蘭千里中学は、2017年度入試から、帰国枠入試を始めました。

2020年度の募集要項を確認してみましょう。

・試験日: 2020年1月19日(日)
・出願期間: 2019年12月16日(月)~2020年1月14日(火)
・試験内容: 日本語(60分)、適性検査(30分)、面接試験(10~15分程度)

金蘭千里中学の帰国枠入試の試験内容は、イメージがしにくいですよね。

そこで、試験内容について補足します。

まず、「日本語」についてです。

「日本語」は、授業についていくための日本語力を確認するための試験だそうです。

・文章読解: 短い説明文や論説文を読んで解く
・日本語の口語文法: 助詞や助動詞の使い方、接続詞の使い方、敬語など
・日本語のリスニング: 日本語での指示を理解できるかどうか

上記が出題されるそうです。

「日本語」の文章読解問題は、易しくなった一般入試の文章読解問題と考えて良いそうです。

口語文法問題は、海外の方が日本語を学ぶ際に教わる日本語文法問題をイメージすると良いそうです。

次に、「適性検査」についてです。

「適性検査」は、算数の基礎学力を確認するための試験だそうです。

公立中高一貫校で出題されている理数分野のような試験で、内容はそれほど難しくないそうです。

そして、「面接試験」についてです。

「面接試験」では、日本語力と協調性を確認するために行うそうです。

・グループディスカッション
・グループワーク
・個人面接試験

上記3つを行うそうです。

入試担当の先生に確認したんですよ。^^

最後に、金蘭千里中学帰国枠入試の応募状況です。

・2019年度受験者数10名: 合格者8名
・2018年度受験者数14名: 合格者11名
・2017年度受験者数5名: 合格者数2名

対策を行えば、十分合格を狙えると思います。

金蘭千里中学を受験するみなさん、バッチリ対策を行ってくださいね。

「日本語」の口語文法対策や「面接試験」対策をどのように行ったら良いかを知りたい場合は、齊藤までご連絡くださいね。^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、慶應湘南藤沢中学の、帰国子女枠入試について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

11月16日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック