学校に通っていない期間があり、帰国枠受験への影響を心配している、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 学校に通っていない期間があり、帰国子女枠への影響を心配している、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、帰国子女枠高校入試の受験資格について、お伝えします。

海外赴任をして、お子さんの学校を、現地校やインターナショナルスクールを希望しても、すぐに入学できないことがありますよね。

人気の学校は、試験合格後、ウェイティングリストに登録して、欠員を待ちます。

学校にもよりますが、ウェイティング期間は、半年以上にもなることがありますよね。

1、別の学校に通う
2、別の学校に通いながら、欠員が出るのを待つ
3、欠員が出るまで、どこの学校にも通わない

希望している学校に入れない場合、以上の選択をすることになります。

ウェイティング期間が3か月ぐらいの場合、他の学校に通っても、すぐに転校することになります。

ですから、学校に通わない選択をされるご家庭も多いのではないでしょうか。

そうすると、学校に通わない選択をした場合、その間のブランクを、心配されているかもしれませんね。

そこで帰国子女枠高校受験資格について、アドバイスをします。

1、海外では就学の義務がない

日本の義務教育は、海外では適用されません。

ですから、学校に通っていない期間があったとしても、受験上、問題になりません。

2、中学校在学中は、ちゃんと通って、卒業している

ウェイティング期間は、入学前の段階ですよね。

入学後、ジュニアハイで、目立った欠席をせずに卒業できたなら、受験上、問題になりません。

なお、ウェイティングによる未就学期間の報告は、受験校の指示に従ってくださいね。

本日の内容は、教育委員会に確認してありますよ。

就学していない期間や、事情は、ご家庭によって様々だと思います。

もし、心配でしたらご連絡をくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第91回目の配信は、5月3日(金)です。

記事の内容は、「青山学院高校の、帰国子女枠入試の面接試験内容について」です。

この学校の帰国枠を使いたい生徒さん、多いですよね。

3日(金)の24:00までに、読者登録をしておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国子女枠入試資格について
学校に通っていない期間があり、帰国枠受験への影響を心配している、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック