お子さんの発言を反映させる活動報告書の書き方を、海外駐在員のみなさんにお伝えします。

● お子さんの発言を反映させる活動報告書の書き方を、海外駐在員のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、活動報告書、外国生活報告書など書き方について、お伝えします。

帰国子女枠で受験をするとき、活動報告書、外国生活報告書などが、必要になることが多いです。

それらの中には、「外国で経験した楽しかった思い出」など、お子さんに確認をしながら書く欄があります。

「えーっとね、セントーサで、ピンクのイルカと遊んだこと!」

小学生のお子さんに、こういう感じで答えられてしまうと困ります。笑

このまま活動報告書に書くわけにはいかないですよね。

ではお子さんの発言を、どのように反映させたらよいのでしょうか。

カンタンです。

以下の3つに従って、書いてみてください。

1、お子さんの発言の中で、省略されている内容を、復活させる

「セントーサで、ピンクのイルカと遊んだこと!」↓

「シンガポールのリゾート地の、セントーサ島にある水族館で、ピンクのイルカと一緒に遊べたことが、楽しい思い出だった」

これが正解ですよね。

面接官がすぐにわかるように、省略された内容を復活させて書いてください。

2、理由を書き加える

「セントーサで、ピンクのイルカと遊んだこと!」が楽しかった理由がありますよね。

その理由を、お子さんから聞きだしてください。

「プールで、イルカにさわれたから!ツルツルして気持ち良かった!」

たとえば、こういう理由があるはずです。

その理由も、省略された内容を復活させてくださいね。

3、お子さんの感情は、推量で書く

お父さん、お母さんは、お子さんの代筆をするので、お子さんが実際に書いたような文体にする必要はありません。

そしてお子さんの気持ちは、「~なようです」と書くといいですよ。

シンガポールのリゾート地である、セントーサ島にある水族館で、ピンクのイルカと一緒に遊べたことが、一番楽しかったようです。

この水族館にはプールがあり、イルカと一緒に泳ぐことができます。

イルカに触ってみたり、捕まって泳いだり、すべてが初めての体験だったため、とても興奮をしていました。

イルカの表面がツルツルしていたことがとても気に入ったようで、家族全員に、そのときの感触を、一生懸命話してくれました。

とてもよい思い出となりました。

これでバッチリです。

1~3のアドバイスを、ぜひ参考にしてください。

ちなみに私は、帰国子女枠入試の願書、活動報告書、外国生活報告書を添削するサービスを行っています。

代筆もしています。

もしなかなか上手く書けない場合は、『自己PRと活動報告書の添削・作成代行サービス』で、お手伝いをしますよ。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

次回のメルマガは、関西の私立中学の編入情報について配信します。

もうひとつのメルマガ、『帰国子女枠を有効に使う、10日間セミナー』からです。

3月18日(月)の24:00までに登録をしておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 自己PR作成について
お子さんの発言を反映させる活動報告書の書き方を、海外駐在員のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣