英検を一般入試、帰国枠入試に活かすためのアドバイスを、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 英検を一般入試、帰国枠入試に活かすためのアドバイスを、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、英検の、高校入試への活用についてお伝えします。

2013年の第1回英語検定の申し込み〆切は、日本で受験をする場合は、5月16日(木)です。

海外で受験をする場合は、日本人学校、または日本人会が、英検申し込み案内をしてくれると思います。

これまでがんばってきた英語を、形に残しておきたいと思いますので、ぜひがんばってくださいね。

ただ、せっかく英検を受けるのであれば、入試に活用させたいですよね。

たとえば山手学院高校ですが、この学校を併願(A日程、B日程)で受験する場合、英検2級が利きます。

通常の併願の内申基準(2011年度)

・中3の2学期の5教科内申合計→ 24/25
・中3の2学期の9教科内申合計→ 41/45
・中2の3学期の9教科+中3の2学期の9教科の2倍の合計→122/135
※中2、中3の内申はどの教科も3以上であること

英検2級を持っていた場合の併願の内申基準(2011年度)

・中3の2学期の5教科内申合計→ 21/25
・中3の2学期の9教科内申合計→ 38/45
・中2の3学期の9教科+中3の2学期の9教科の2倍の合計→119/135
※中2、中3の内申はどの教科も3以上であること

英検2級があれば、内申をマイナス3してもらえるので、かなりオトクです。

そして同志社国際高校は、英検準1級を持っていれば、特別推薦を受けられます。

特別推薦の入試科目は、面接だけですから、かなりおトクです。

TOEFLで79点以上でも、推薦を受けられますが、準1級を取る方が断然ラクです。

英検準1級は海外では受験できませんが、現地校やインターに通う生徒さんは、第1回英検のころは、夏休みに入っていると思います。

同国を第一志望で考えるなら、一時帰国をして受験する価値が大いにありますよね。

ぜひ、英検を入試に活かしてください。

最後に英検のHPにある、英検入試優遇校検索のリンクを貼っておきますので、確認をしてみてくださいね。

ところで、英検対策の依頼のお問い合わせもいただいています。

ありがとうございます! ^ ^

そこで、英検準2級、2級、そして準1級のレッスンを開講しようと思います。

詳しくはメルマガで配信しますね。 ^ ^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

次回のメルマガは、関西の私立中学の編入情報について配信します。

もうひとつのメルマガ、『帰国子女枠を有効に使う、10日間セミナー』からです。

3月18日(月)の24:00までに登録をしておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

英検入試優遇校検索は、こちらから!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 英語習得について
英検を一般入試、帰国枠入試に活かすためのアドバイスを、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック