立命館宇治高校、同志社国際高校に推薦で合格したい、日本人学校の新中3のみなさんにお伝えします。

● 立命館宇治高校、同志社国際高校に推薦で合格したい、日本人学校の新中3のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、立命館宇治高校と同志社国際高校の、年内の帰国枠入試について、お伝えします。

帰国子女枠入試は、11月から始まります。

11月~12月の入試は、年が明ける前の入試なので、年内入試と呼ぶことがあります。

その年内入試ですが、関西方面の附属校の年内入試を受験する生徒さんが多いです。

・立命館宇治
・啓明学院(関西学院に進学)
・関西学院千里国際
・同志社国際

附属大学に進学できますので、人気が高いんですよね。

その中でも、RITSと同国には推薦入試があるので、魅力的です。

・立命館宇治の一般入試→ 国数英+面接
・立命館宇治の帰国枠推薦→ 作文+面接(保護者同伴)
※IBコースは英語でエッセイ、IMコースは日本語か英語で

・同志社国際の一般入試→ 国数英
・同志社国際の帰国枠推薦→ 面接(保護者同伴)

帰国枠の推薦は、一般入試よりもラクですから、魅力的ですよね。

推薦基準は以下の通りです。

・中3の1学期の、9教科の評価 (5段階)合計が40以上を取って、日本人学校から推薦

内申40はハードルが高いですが、RITSや同国が第一志望なら、ぜひチャレンジしたいですよね。

そうすると、中3の1学期の内申で40以上を取るために、1学期の定期テスト、総合考査で良い結果を出す必要があります。

ではいつから、どのように準備をしたらよいのでしょうか?

1学期の定期テストは、6月下旬から7月の上旬ごろなので、まだ先のような気がします。

でも、実はそれほど時間に余裕がないかもしれません。

お気づきでしたか?

私は、日本人学校に通う生徒さんを、RITSや同国の推薦入試で、多数合格させています。

そこで、立命館宇治高校、同志社国際高校に、推薦入試で合格したい帰国生のみなさんが、どのようにして、1学期の定期テストの準備をしていけばよいか、メルマガで配信します。

ぜひ、内申40をゲットしましょうね。

本日、8日(金)の24:00までに、こちらから登録をして、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
立命館宇治高校、同志社国際高校に推薦で合格したい、日本人学校の新中3のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック