江戸川女子中学に、編入試験で合格した、帰国生からのインタビューです。

● 江戸川女子中学に、編入試験で合格した、帰国生からのインタビューです。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

先日、Facebookを通じて、卒業生にインタビューをしましました。

そのときのチャットの内容を、そのまま公開します。

彼女は、江戸川女子中学の編入試験を受けて、合格しました。

この学校は、帰国生の英語力を、さらに伸ばしてくれる学校として、定評があります。

そして英語の授業が充実しているだけではなく、もちろん他教科の指導も良いので、大学進学実績が伸びてきているんですよ。

帰国子女枠入試を行っていますが、編入試験も定期的に行っています。

子どもの進学先を、江戸川女子中学と考えている方は、参考になると思います。

・2013年度、江戸川女子中学募集要項
・2013年度、江戸川女子高校募集要項
・江戸川女子の大学進学実績

最後にこの3つのリンクを貼っておきますので、参考までに見てくださいね。

※齊藤のセリフは太字、生徒さんのセリフは細字です。

生徒さん:

おはようございます!

齊藤:

おはようございます。

お願いしてもいいですか?

はい!大丈夫です!

ご無沙汰です。

KLの子たちとは、つながってますか?

はい!

FB上でしかなかなか交流はできませんが・・・。

たまに会ったりしてます。

主に同じコンドミニアムだった子と、いまだに交流を深めております。

お家はヴィラ・フローラでしたよね?

はい、そうです!

わたしは現在、同じコンドだった友人の就活に、アドバイスをしていたりします!

そうなんですね。

えっと、今の仕事に決めた理由はなんですか?

理由は色々あるのですが・・・。

1、社風が自分とマッチしていたこと
2、社会に広く普及していて、他の会社には代替できないような物を扱っていること
3、海外事業の大きな可能性
4、女性として働きやすい

以上が大きな理由でした。

なるほど。

海外で働きたいなと。

そういうことですか?

そうです!

やはり幼い頃の経験から、ずっと海外で活躍できるような仕事がしたいと、中学生の時から願っておりました。

そのため、英語の勉強にはとても力を入れてきました。

KLには、何年住んでいましたか?

4年と7か月です。

KLは好きでしたか?

大好きでした。

帰国してから10年経つのですが、今でもKLにもう1回行ってみたい、できれば暮らしてみたいという気持ちは変わりません。

KLのどういうところが好きでしたか?

常に時間に追われ、あくせくしていた日本の生活とは異なり、非常にゆったりと時間が流れているのが好きでした。

あとは、多文化共生社会で、常に多様な民族と共生し、日本では学べないようなことが多く学べたあの空間が、とても魅力的でした。

その通りですね。

今、幼いころの影響からか、大学でも多文化共生について学んでおります。

KLでの影響が大きいですね。

多文化共生の、どういうことについて、学んでいるんですか?

日本は、最近外国人が増えつつあるとはいえ、まだまだ他の国に比べれば外国人を受け入れる態勢が、制度の面にしても、文化の面にしても整っていないと思います。

このような日本では、他国の様に、多文化共生社会の実現は可能であるかどうか、研究をするゼミに所属しています。

それ、面白いですね。

「日本の国際化を!」って、ずっと言われますけれど、「本当に可能なのか?」を考えるのは大事だと思います。

本当に面白いです。

様々な視点から見なければならないため、結論が本当に出しづらい問題ではあります。

卒論では苦労しております・・・。苦笑

今度その話を、もっと聞かせてくださいね。

Sさんは、英語、得意でしたよね。

その後、英語はどうなりましたか?

Sさんは、本帰国が突然決まりました。

でも取り乱すことなく、一生懸命勉強をしたんです。

準備期間が短くて不安だったと思うのですが、毎日コツコツ準備をしていきました。

そのひたむきさは、今も変わっていないですね。

次回は、江戸川女子の英語教育について、お伝えします。

楽しみにしていてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第64回目の配信は、2月17日(日)です。

記事の内容は、「成蹊小学校の国際学級の集団検査について」です。

2013年度、成蹊小学校国際学級の入試が、3月2日(土)に行われます。

お兄さんやお姉さんの受験が終わって、下のお子さんの編入をお考えのご家庭は多いのではないでしょうか?

私は、小学校受験指導はできませんが、帰国生の私立小学校編入、帰国枠小学校入試はお手伝いしています。

成蹊小学校国際学級の集団検査について知りたい方は、こちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

2013年度、江戸川女子中学募集要項は、こちらから!

2013年度、江戸川女子高校募集要項は、こちらから!

江戸川女子の大学進学実績

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック