立教池袋高校を受験する、帰国生のみなさんに、お伝えします。

● 立教池袋高校を受験する、帰国生のみなさんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、立教池袋高校の入試について、お伝えします。

立教池袋高校の入試日は、2月11日(月)、願書〆切は、本日、8日(金)15:00までです。

募集人数は15名です。

この学校も、東京・神奈川の私立入試解禁日の2月10日と重なっていないので、受験がしやすいんですよね。

立教池袋は中高一貫校で、高校からの募集をしていませんでしたが、2007年から高校募集を始めています。

立教池袋高校のHPにある、入学試験過去データを見てみましょう。

・2012年度、受験者21名→ 合格者16名
・2011年度、受験者17名→ 合格者9名

倍率が低いですから、合格のチャンスが高そうですよね。

立教池袋中学・高等学校のHPのリンクを、最後に貼っておきますので、確認してみてくださいね。

ところで大学附属校、MARCHの帰国枠入試は、日程が重ならないので受験がしやすいです。

【MARCHの中で、帰国子女枠入試を行う高校 2013年度入試の場合】

・中央大学杉並高校(共学)→ 1/24(木)
・青山学院高校(共学)→ 1/31(木)
・立教池袋高校(男子)→ 2/11(月)
・法政第二高校(男子)→ 2/11(月)
・法政女子高校(女子 ※一定の配慮がある程度)→ 2/12(火)

MARCHの中から第一志望を考えたいと思っている場合、男子も女子も、3校受験できます。

しかも入試日が2月10日(日)ではないので、とても助かりますよね。

さて、立教池袋高校の入試科目です。

・英語(リスニング・ライティング等含む)
・自己アピール面接

高校募集は、一般入試のみとなります。

しかし、試験科目が英語と面接だけなので、帰国生は受験がしやすいですよね。

ただし、試験科目が英語と面接だけということは、英語が得意な生徒さんが出願するはずですよね。

面接試験の比重も高くなります。

立教池袋高校に合格した帰国生から、面接内容について、インタビューをしてありますよ。 ^ ^

本日、2月28日(金)の24:00までに、こちらから登録をして、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

立教池袋中学・高等学校のHP、入学試験過去データはこちらから!

立教池袋中学・高等学校のHP、一般入試についてはこちらから!

記事下テンプレ

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック