法政第二高校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 法政第二高校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、法政第二高校の帰国子女枠入試について、お伝えします。

法政大学第二高校の入試日は、2月11日(月)で、願書は、本日、4日(月)消印まで有効です。

この学校は、東京・神奈川の私立入試解禁日の2月10日と重なっていないので、受験がしやすいんですよね。

もちろん帰国枠入試を行っていますよ。

さて、法政二校は、英語指導に特に力を入れています。

毎日8:20~ 8:40の時間帯に、0 時限目があるのですが、この20分間で、英語の学習を行います。

高校3年間、週6時間の英語の授業に加えて、毎朝の20分英語に取り組めば、英語の力はかなり身につきますよね。

では、入試科目についてです。

・A 国語・英語・理科
・B 国語・英語・社会
・C 国語・英語・数学

出願時に、A~Cの中から選ぶことができます。

学科試験は一般入試と帰国枠入試は同じ問題になります。

法政大学第二中・高等学校のHPの「よくある質問」によると、合格のボーダーラインは210/300満点ぐらいだそうです。

法政大学第二中・高等学校のHPの「よくある質問」のリンクを最後に貼っておきますので、確認してみてくださいね。

ところで帰国枠入試には、面接試験があります。

面接試験は、親子面接となります。

一般入試と帰国枠入試の違いは、面接試験があるかどうかなんですよね。

もちろん、法政第二高校に帰国枠で合格した生徒から、面接内容について、インタビューをしてありますよ。 ^ ^

本日24:00までに、こちらから登録をして、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

法政大学第二中・高等学校のHPの「よくある質問」は、こちらから!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック