東京学芸大学附属国際中等教育学校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

● 東京学芸大学附属国際中等教育学校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、東京学芸大学附属国際中等教育学校を、帰国子女枠で受験をする生徒さんに、お伝えします。

国際中等教育の2013年度入試は、2月3日(日)です。

・書類審査で100点
・学科試験で100点
・面接試験で100点

この3つの総合点で、合否が決まりますよね。

学科試験は、学校のHPから過去問題をダウンロードできるので、対策ができます。

しかし、面接はどうしたらよいのでしょうか?

・集団で(6人程度)ディスカッション
・時間は30分程度
・原則、日本語で話し合う

国際中等教育では、ディスカッションを行います。

ディスカッションですから、みんなで協力して話し合い、制限時間内に結論を出す必要があります。

ただ元気よく、目立った発言をすればよいというわけではありません。

そこで、制限時間内で結論をまとめられる、ディスカッションのコツについて、メルマガで配信します。

東京学芸大学附属国際中等教育学校の受験だけでなく、東京学芸大附属高校にも役立ちますよ。

・テーマについて、賛成、反対を話し合うディスカッションのコツは、1月30日(水)
・テーマについて、自由に話し合うディスカッションのコツは、1月31日(木)

『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からお伝えします。

もうひとつのメルマガの方なので、気をつけてください。 ^ ^

30日(水)の日本時間24:00までに、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック