塾の先生が忙しそうで質問できない、帰国枠入試を受験する、小学校6年生と中学3年生にお伝えします。

● 塾の先生が忙しそうで質問できない、帰国枠入試を受験する、小学校6年生と中学3年生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、塾の先生を、フルに活用する方法について、お伝えします。

わからないところを、教えてもらいたいけれど、なかなか先生に聞きに行けない生徒さんがいますよね。

その理由は・・・。

・忙しそうで、声をかけられないから
・聞きに行ったら、いつも先生がいないから
・「こんなのも分からないのか!」と、怒鳴られたくないから
・頼りなくて聞けないから
・聞きに行くと、なかなか解放してもらえないから

理由は色々あると思います。

さて、「先生が忙しそうだから、質問できない」と言う生徒さんは、けっこう多いと思います。

でも本当に分からない場合は、自分で考えるより、プロに聞いた方が早いですよ。

入試前ですから、時間を有効に使うためにも、塾の先生をどんどん利用しましょうね。

忙しそうな先生を捕まえるポイントは、質問する前に、先生のスケジュールを確認することなんです。

1、先生の、その日の空き時間を教えてもらう
2、その空き時間に、何か予定があるか聞く
3、予定がないなら、質問に行ってもよいか許可をとる

こう聞けば、忙しい先生も、時間を作って質問に答えてくれますよ。

カンタンなので、ぜひ試してみてください。

でも、先生に質問の時間を取ってもらっても、答えてくれる時間が少ししかないとき。

そんなとき、できるだけ多くの質問に、答えてもらうためにはどうしたらよいのでしょうか?

これもカンタンなんですよ。

私のメルマガ『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からお伝えします。

私は塾の先生なので、塾の先生のことにも詳しいんですよ。 ^ ^

15日(火)の、日本時間の24時に配信しますので、メルマガに登録しておいてくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 受験時の注意事項について
塾の先生が忙しそうで質問できない、帰国枠入試を受験する、小学校6年生と中学3年生にお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック