日本人学校の生徒さんが、面接試験で、自己紹介を英語でするときの注意事項について、お伝えします。

● 日本人学校の生徒さんが、面接試験で、自己紹介を英語でするときの注意事項について、お伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、英語の自己紹介についてお伝えします。

日本人学校に通う生徒さんも、面接試験のときに、英語のレベルを確認されることがあります。

・カンタンな英語の質問に、受け答えができるかどうか
・英語で自己紹介ができるかどうか

この2つで試されます。

英語の質問は、「滞在国にはどのぐらい住んでいたか?」、「得意な科目は何か」など、カンタンなことを聞かれることが多いです。

そして、1問ぐらい、少々考えさせられることを、聞かれることがあります。

英語での受け答えに不安がある場合は、英検二次試験(スピークングテスト)のテキストに、目を通しておくとイイですよ。

英検準2級のNo.5、そして英検2級のNo.4は、自分の意見を聞かれる質問なので、参考になります。

最後に日本英語検定協会の、英検準2級と2級の二次試験のリンクを貼っておきますので、確認してみてくださいね。

そして英語の自己紹介についてです。

自己紹介は、カンタンなものがイイですよ。

お父さんやお母さんが準備してくれる自己紹介は、あまりにも良すぎて、生徒本人が作っていないことがバレてしまうことがあります。

あまり凝った自己紹介をすると、他の英語の質問でツッコまれますよ。 ^ ^

そこで、本日、26日(月)の23時に、日本人学校の生徒さん向けの、英語の自己紹介原稿を、メルマガで配信します。

このメルマガで、どのような学校で英語の自己紹介が求められるかも、お伝えします。

暗記したらそのまま使える内容なので、こちらから登録して、受け取ってくださいね。

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

英検準2級の二次試験のサンプルは、コチラから!

英検2級の二次試験のサンプルは、コチラから!

カテゴリー: 面接試験突破のテクニック
日本人学校の生徒さんが、面接試験で、自己紹介を英語でするときの注意事項について、お伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣