東京学芸大附属国際中等教育や、大阪教育大学附属池田中学、ICUの出願書類を強化したい、帰国生のみなさんにお伝えします。

● 東京学芸大附属国際中等教育や、大阪教育大学附属池田中学、ICUの出願書類を強化したい、帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

今回は、帰国子女枠入試の出願書類についてお伝えします。

帰国子女枠入試の合否材料は、学校によって異なります。

1、学科試験のみ ※学科試験には作文も含みます。
2、学科試験+面接

3、学科試験+面接+出願書類
→ 東京学芸大附属国際中等教育、大阪教育大学附属池田中学など

4、出願書類+面接
→ 国際基督教大学高校(ICU)

帰国子女枠入試を行う学校の大半は、2を採用しています。

3と4は少数ですが、帰国生に人気のある学校が採用しています。

東京学芸大附属国際中等教育の合否材料です。

・書類審査→ 100点 ※ 42ページまでスクロールしてください。
・作文検査、または適性検査→ 100点
・面接→ 50点

出願書類の配点が大きいですよね。

大阪教育大学附属池田中学の合否材料です。

・書類審査(海外生活報告書など ※13~14ページまでスクロールしてください。
・学科試験(国語・算数)
・面接

海外生活報告書2枚に、バッチリ記入する必要があります。

では、出願書類を強化するためには、どうしたら良いのでしょうか。

実はカンタンなんです。

計画的に資格を取って、良い成績を修めておけば、オッケーです。

確かに、学校行事、ボランティア活動、スポーツなどでがんばったことを、書類でアピールするのも大事です。

でも学生なんですから、学業の成果も、アピールする必要がありますよね。

国際中等教育の活動実績申告書には、取得した資格を書く欄がありますし、ICUも、外国語検定試験結果を貼る欄があります。

ですから、来年の受験までに、英検などの各種検定を取って、学校の成績も良くしておきましょうね。

でも、9月の東京学芸大附属国際中等教育、国際基督教大学高校(ICU)の編入試験を受験する場合、出願が5月末から始まりますから、英検の取得が間に合わないんですよね。

大丈夫です。

TOEICを受験して、良いスコアを取って、書類に書きましょう。

国内であれば、4月13日(日)実施の第189回TOEICが、結果発送が5月13日(火)になりますので、出願に間に合います。

※インターネット申込み〆切は、3月4日(火)までです。

アメリカでも、TOEICが受験可能ですよ。

もし、TOEICについてご質問がありましたら、ご連絡くださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

公立高校の編入の手続きについてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

高1の途中、または高2から、公立高校に編入を考えている帰国生のみなさんに向けて、書きます

公立高校の編入の準備は面倒なんですよね。

3月2日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 自己PR作成について
東京学芸大附属国際中等教育や、大阪教育大学附属池田中学、ICUの出願書類を強化したい、帰国生のみなさんにお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック