蔵前仁一著「旅行人NO.164特集ポルトガル」が、ポルトガルの帰国生の願書、面接準備に役立ちます。

● 蔵前仁一著「旅行人NO.164特集ポルトガル」が、ポルトガルの帰国生の願書、面接準備に役立ちます。

海外駐在員専門コンサルタントの櫻井です。

今回は、面接試験の準備についてお伝えします。

・住んでいた国の気候は、どのような感じでしたか?

青山学院高校の、帰国子女枠入試の面接試験で聞かれた質問です。

帰国子女枠入試の面接では、滞在している国のことについて質問されます。

ところが、ちゃんと答えられない生徒さんが、多いんですよね。

・暑かったです。
・すごい寒かったです。
・まぁまぁです。

これではダメです。笑

単に「暑かった」と答えた場合、面接官の先生は、日本の暑さをイメージしてしまいます。

でも、ローマの暑さ、ドバイの暑さ、そしてバンコクの暑さは、日本の暑さとは違いますよね?

面接で、日本と滞在国の違いをバッチリ説明できると、評価が高くなりますよ。^^

埼玉大学教育学部附属や、神戸大学附属中等教育学校住吉のように、面接も重視する学校を受験する場合は、海外での経験を話せるように準備しておきましょうね。

同様に、慶應義塾高校の推薦や、早稲田大学本庄高等学院のI選抜のように、願書も重視する学校を受験する場合も、バッチリ準備が必要ですよ。

ではたとえば、ポルトガルに住む帰国生のみなさんが、面接準備のために、ポルトガルでの生活について調べる場合、おススメの本があります。

蔵前仁一著「旅行人NO.164特集ポルトガル」が、役立ちますよ。

旅行人164号特集ポルトガル~サウダーデの国すべてを旅する/旅行人

¥1,404
Amazon.co.jp

82~85ページの、「編集長のポルトガルメモ」が、特にバッチリです。

・アーモンドの花が、ソメイヨシノとソックリであることについて
・コルクの意外な活用法について
・日本とポルトガルでは、タラの調理法が違うことについて
・ポルトガルとインドのつながりが残っていることについて

この章に書かれている内容は、ほとんどそのまま面接の回答に使えます。^^

また、巻末の131ページには、日本とポルトガルの気候の違いも書かれています。

さらに、阿部首相がポルトガル訪問時に明恵夫人と訪れた、ロカ岬についても、65ページにまとめられているんですよ。

この本を参考にして、ポルトガルと日本の違いについて、まとめてみてくださいね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

渋谷幕張中学、帰国枠入試の英語の対策についてです。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

5月17日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 面接試験突破のテクニック|タグ:
蔵前仁一著「旅行人NO.164特集ポルトガル」が、ポルトガルの帰国生の願書、面接準備に役立ちます。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック

帰国子女枠入試の講師陣