東京都立国際高校の高1対象9月編入を考えている現地校・インターに通う帰国生にお伝えします。

● 東京都立国際高校の高1対象9月編入を考えている現地校・インターに通う帰国生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

2014年の7月7日は、編入試験が重なります。

・かえつ有明中・高等学校(中2~高3)
・国際基督教大学高校・ICU(高1~高2)
・東京都立国際高校(高1)

3校とも、帰国生に人気の学校なので、試験日が重なってしまうのはザンネンですよね。

ところで、この3校には、共通の特徴があります。

・現地校生・インター生用の入試を実施してくれる
・英語力を維持できるハイレベルな英語の授業がある
・海外の大学に進学する生徒がいる

現地校やインターに通っていた生徒さんは、海外の大学を考えていることが多いです。

ところが日本の学校からは、海外の大学に行くのが難しいんですよね。

ですから志望校を決めるときは、海外の大学に進学実績がある学校を探します。

今回は、海外の大学に進学実績がある、東京都立国際高校の、編入試験について、お伝えします。

まず、都立国際高校の海外の大学進学実績を見てみましょう。※下までスクロールをしてください。

そして2014年度、私立上位大学の現役合格者実数です。卒業生246名

※週刊朝日 2014年5/9-5/16合併号より

早稲田大学:21名
慶応大学:26名
上智大学:50名

海外の大学だけでなく、早慶上智の進学実績も良いですよね。

次に編入試験の要項を見てみましょう

・出願期間:7月2日(水)~3日(木)
・試験日:7月7日(月)
・選考方法:日本語作文、または英語エッセイ、面接

自己PRカードは、バッチリ仕上げてくださいね。

エッセイは日本語、英語、どちらで書いても大丈夫ですよ。

エッセイのテーマはHPに掲載されていますので、練習してくださいね。

最後に9月編入の入試結果です。

・2013年度9月編入受験者数14名→合格者数13名
・2012年度9月編入受験者数12名→合格者数11名
・2011年度9月編入受験者数16名→合格者数12名

9月編入、おトクですよね!

勉強、がんばってくださいね。

ではメルマガのお知らせです。

東京都立国際高校の面接試験内容について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

5月23日(金)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック