東京都立国際高校、2014年度9月編入試験に合格し、おめでとうございました!

● 東京都立国際高校、2014年度9月編入試験に合格し、おめでとうございました!

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

二学期制を採用している学校は、10月から2学期が始まります。

ですから、1学期末にあたる9月に編入試験を行います。

たとえば逗子開成中学・高校は、2014年度編入試験を9月18日(木)に行います。

逗子開成の編入試験出願にあたっての注意事項です。

1、入学志願票(本校所定)
2、在籍校の成績証明書 または 成績書類の写し
3、海外在留証明書(本校所定)

海外在留証明書ですが、学校指定のフォームで作成された方が良いですよ。

入試担当の先生に、確認しました。^^

出願に関するご質問は、学校に確認されるか、あるいは齊藤におたずねくださいね。

さて、東京都立国際高校、2014年度9月編入試験が7月7日(月)に行われました。

東京都立国際に通う生徒さんは、国立大学、難関私立大学だけでなく、海外の大学にも進学しています。

平成27年4月からは、国際バカロレアコースが設置されますので、ますます人気が高くなるでしょうね。^^

都立国際の編入試験内容です。

・日本語作文、または英語エッセイ ※英語エッセイは高1編入のみ
・面接:日本語、または英語 ※英語面接は高1編入のみ

次の募集人数です。

・募集定員15名 

※平成23年度9月編入試験は、受験者28名中、合格者18名

決して、合格しやすいわけではありません。

その東京都立国際高校の2014年度9月編入試験の合格発表が、7月9日(水)に行われたのですが、生徒さんが合格しました!

東京都立国際高校、2014年度9月編入試験 1名合格

アドバイスです。

都立国際は作文・エッセイの過去問題を学校のHPで公開しているので、対策ができます。

4月入試・編入、9月編入、どちらを受験される場合も、すべての過去問題に取り組んでおいたほうがイイですよ。

英語が得意な生徒さんは、エッセイを英語で。

現地校やインターに通っていたけれど英語が苦手な生徒さんは、日本語で書けば大丈夫です。

選択した言語による優位生はありませんし、都立国際のエッセイは、対策をすれば、バッチリ書けるようになりますよ。

ところで私たちのレッスンでは、日本語作文、英語エッセイ、そして面接指導も行います。

もし、海外に住んでいて、近くに通えるような塾がないけれど、ぜひ、受験をがんばりたいと思われている場合。

また、勉強や面接が苦手だけれど、受験をがんばりたいと思われている場合。

帰国子女枠入試指導15年のプロが、お手伝いをします、私と一緒に、がんばってみませんか?^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。br />
また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、逗子開成中学の二学期編入の対策について、お伝えします。

編入試験の時期がかなりズレているので、塾でも対策をしてもらえないことが多いんですよね。

こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック