学習院女子中等科の帰国子女枠入試で、作文・エッセイの書き方で困っている帰国生のみなさんにお伝えします。

● 学習院女子中等科の帰国子女枠入試で、作文・エッセイの書き方で困っている帰国生のみなさんにお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

・急に本帰国が決まった生徒さん
・オーストラリアンインターに通う生徒さん
・オーストラリアの現地校に通う生徒さん

上記の生徒さんにとって、3学期から編入ができる学校は助かりますよね。

静岡聖光学院は、年に3回、編入試験を行っています。

2014年度1月編入試験は、12月13日(土)です。

静岡聖光には寮があるので、お子さんだけ先に日本に戻すこともできますよ。

もし編入について情報をお求めの場合は、学校にご連絡されるか、齊藤までメールをくださいね。

さて今回は、学習院女子中等科の帰国子女枠入試について、お伝えします。

学習院女子中等科の、2015年度、帰国子女枠入試の募集要項が発表されています。

補足しますね。

試験日

・1月17日(土)

選考方法

・国語(40分間) 100点
・算数(40分間) 100点

・面接(約10分間)

受験生への質問の一部をご紹介しますね。

・住んでいた国と、日本の違いについて話してください。
・住んでいた国と、日本の共通点について話してください。
・海外で印象に残っている出来事について話してください。
・海外で通っていた学校について話してください。

親子面接になりますので、お父さん、お母さんも準備しておくといいですよね。^^

・作文(50分間 日本語か英語) 80点

2014年度の帰国枠入試で出題されたテーマです。

〇〇中学校には、入学してまもない1年生が、クラスの仲間40人でおたがいを知りあうための「交流の時間」があります。

あなたがこの中学の1年生だとしたら、どのようなことをしたいですか?

新しい友人とより深く分かり合える内容なら、学校のどこで何をしてもかまいません。

また、「交流の時間」の中で、あなたがどのような役割を果たしたいか、クラスメイトに何を伝えたいかを交えて述べなさい。

実はこの作文、学習院女子が求めている書き方があるんです。

ご存知でしたか?

作文で80点もあるので、バッチリ書けるように準備しておきたいですよね。^^

では、メルマガのお知らせです。

今回は、学習院女子中学の、帰国子女枠入試の作文の書き方について、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

8月17日(日)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック