医学部に強い進学校を、帰国子女枠で中学受験したい現地校・インター生、日本人学校生にお伝えします。

● 医学部に強い進学校を、帰国子女枠で中学受験したい現地校・インター生、日本人学校生にお伝えします。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

東京都市大学附属中学は、2015年度帰国子女枠入試を、1月6日(火)に行います。

都市大学附属は、帰国枠入試を2014年度から始めたばかりです。

ですから、入試情報がなくてお困りかもしれませんね。

でも、この学校の帰国枠入試の過去問題は、HPからダウンロードできるんですよ。

これで、問題の傾向が分かりますよね。^^

さて今回は、医学部に強い、帰国子女枠入試を行う中学校について、お伝えします。

ここ数年、志願者が増えている学校には、共通の特徴があります。

・海外の大学に合格者を出している学校
・医歯薬学部に合格者を多く出している学校

前者の代表として、渋谷教育学園渋谷、渋谷教育学園幕張、広尾学園などがあります。

関西では立命館宇治のIBコースが有名ですよね。

上記のような学校には帰国枠がありますので、帰国生にとっては受験がしやすいです。

一方、医歯薬学部の合格者を多く出している進学校はたくさんありますが、帰国枠を使える学校が少ないんです。

海外で、理科社会の勉強を行うのは難しいんですよね。

そこで、国公立大学医学部に強い、帰国子女枠で2科受験できる私立中学をご紹介します。

1月7日(水)海城(東京都 男子校)
・入試科目: A方式(4科+日本語面接)、B方式(算+総合+日本語面接)、C方式(算+総合+英語エッセイ+日本語面接)のいずれか

1月10日(土)聖光学院(神奈川 男子校)
・入試科目: 算英、算国のいずれか

1月12日(月)北嶺(北海道 男子校)
・入試科目: 国算+面接

1月12日(月)西大和学園(奈良 共学校)
・入試科目: 国算+日本語面接、国算英+英語エッセイ+英語面接

3校まで受験できますね。^^

北嶺と西大和は、寮もあるんですよ。

国公立大学の医学部を目指したい帰国生のみなさん、勉強がんばってくださいね。

ちなみに私たちは、医学部に強い進学校の帰国枠入試対策も行っているんですよ。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

同志社国際高校スペシャルです。^^

・同志社国際高校の、面接試験内容を、9月6日(土)に。
・同志社国際高校の、英語エッセイの書き方を、9月10日(水)に、お伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

9月6日(土)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。

カテゴリー: 帰国枠入試情報
医学部に強い進学校を、帰国子女枠で中学受験したい現地校・インター生、日本人学校生にお伝えします。 はコメントを受け付けていません。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック