明治学院高校の、面接試験内容をお伝えします。

明治学院高校の、面接試験内容をお伝えします。

駐在員の皆様、そしてこれから海外に駐在予定の日本の皆様。
   
海外駐在員専門コンサルタントの齊藤 慶司です。

今回は、明治学院高校に合格した生徒の志望動機と、面接試験内容について、お伝えします。

この記事は、前回の『明治学院高校に、合格した生徒のインタビューです。』の、続編となります。

まだ読まれていない方は、下にリンクを貼っておきますので、あわせて読んでください。

齊藤:

ところで、明学を志望校にした、きっかけって何だったんでしたっけ?

生徒:

自由な校風で、「勉強、勉強」と、言わない所ですね。

見学行った時に、先輩がイキイキしていた覚えがあります。

齊藤:

この自由な校風が、志望動機になったんですよね。

Yが学校見学に行って、「良かった!」って言っていたのを覚えています。

これでエンジンかかったんでしたよね?

※Y・・・このインタビュー相手の名前です。

生徒:

そうですね、確か夏以降、頑張った覚えがあります。

やはり、見学は必ず行くべきですね。

目標が、可視化されましたから。

齊藤:

そうなんですよね。

Yが、ガラッと変わったのを覚えています。

それまで、私はずっと怒ってたような。笑

生徒:

当時はあれくらい発破をかけてもらわないと、分からない子でしたから。笑

齊藤:

2学期からの追い込み、すごかったですよ。

生徒:

はじめて褒められた。笑

よく、明学入れたと思いますよ。

齊藤:

私は、玉川のロンドン入試で合格を取れて、明学も行けるかなと思いました。

※玉川学園はロンドンで海外入試を実施、今年度も実施するかどうかは、要確認

生徒:

よく、玉川、受かったの覚えてますね!!

でも、玉川受験した時は、イケるって思いました。

齊藤:

覚えてますよ、教え子のことなんですから。

Yは、結構繊細だから心配してました。

生徒:

そうなんですよ、意外と繊細で・・・。

でも本当に、中3で頑張ったのは良かったですね。

一般受験で合格できたというのも、良い思い出です。

齊藤:

授業にも耐えましたが、面接特訓、よく頑張ったと思ってますよ。

生徒:

そうですね。小論文講座もよく覚えています。

齊藤:

やりましたね。

では、そろそろ面接のお話を。

入試の面接、覚えていますか?

覚えている範囲で構いませんよ。

面接で聞かれたことは、何でしたか?

生徒:

・志望動機

・自分の長所と短所

・マレーシア生活のこと

・入学後、部活に入りたいか、などなど

練習で行った内容です。

決して難しい質問ではなかったので、安心しました。

齊藤:

スラスラ答えられましたか?

生徒:

答えられましたけど、志望理由で、「学校が自由な点」と言ったら、「一定のルールがあった上での、自由がある」と、指摘されたのは覚えています。

齊藤:

突っ込まれたってことですか?

生徒:

そうですね。

なんでも自由ではないと言われましたね。

ちょっと、あの時は焦りました。

齊藤:

明学は、学力試験重視ですから。

学力試験が、良かったんだと思いますよ。

生徒:

きっと、試験も良かったんですね!

齊藤:

最後に、学校に入ってから、もっとやっておけば良かったことって、ありますか?

生徒:

あれで精いっぱいだったので、勉強に関してはありません。

ただ、もっとマレーシアを、満喫したかったなと。

中3は勉強、勉強、でしたから。

齊藤:

そうでしょうね。

海外生活って、望んでもなかなかできないですから。

生徒:

そうなんですよね。

もっと、海外生活を楽しみたかったなと。

齊藤:

じゃあ、次の目標は海外赴任でしょうか?

生徒:

マレーシアに行ければ、ベストです。

齊藤:

学生時代に頑張れたことは、ものすごく大きな糧になるんですよ。

入試であれだけ頑張れたんだから、きっと社会人になっても、スゴイことができますよ。

生徒:

なんか、齊藤先生に、褒められると嫌です。笑

僕も、頑張れると思ってます。

受験、部活と、つらい経験は、結構してますからね。

齊藤:

インタビューに応じてくれて、本当にありがとう。

おやすみなさい。

インタビューでYくんも話していましたが、彼には、かなり厳しく接していました。

私の英語の指導も、面接練習も、よく頑張ってくれたと思います。

だから、合格をしてくれたときは、本当に嬉しかったですね。

お子さんの面接練習のお手伝いをします。

私は、帰国子女枠中学入試、帰国子女枠高校入試、帰国子女枠大学入試、AO入試の面接試験が指導できます。

日本人学校、現地校、あるいは、インターナショナルスクール、どちらに通う生徒も指導できますよ。

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

そして、お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第7回目の配信は、6月8日(金)の夜です。

記事の内容は、「『もしあなたが入学したら、我が校にとって、どんなメリットがありますか』と、聞かれたときの答え方」です。

これは、ある有名私立高校の面接で、実際に出題された質問です。

メルマガで、この質問への応え方と、どこの学校で出題されたかをお伝えします。

海外駐在員のためのメルマガ購読はこちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

もう一つのブログ、クレーム・苦情の対応方法についてお伝えします。

今回は、パワハラを行使してくる顧客への対応方法について、書いています。

クレーム・苦情を解決する方法を、楽しく解決できるよう、お手伝いしますよ。

クレーム・苦情対応が上手になりたい方はこちらから!

前回の記事、『明治学院高校に、合格した生徒のインタビューです。』は、こちらから!

帰国子女枠入試受験に必要な、自己PRの添削サービス、面接練習サービスを承ります。

togethereverybodyachievesmore@hotmail.co.jp 

まで、お問い合わせください。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック