日本大学附属校の、2013年度帰国生入学試験の日程が、発表されました。

日本大学附属校の、2013年度帰国生入学試験の日程が、発表されました。

駐在員の皆様、そしてこれから海外に駐在予定の日本の皆様。
   
海外駐在員専門コンサルタントの齊藤賢人です。

今回は、日本大学附属校の、帰国子女枠入試日程について、お伝えします。

2013年度、日本大学附属校入試が、11月3日(土)に実施されます。

日大系列の中学、および日大系列の高校、両方の入試が実施されます。

入試会場は以下の5ヵ所です。

・上海

上海広場長城假日酒店(ホリデイインダウンタウン上海・グレートウォールウィング)

・香港

香港日本人学校

・台北

台北日本人学校

・シンガポール

RELC International Hotel(RELCインターナショナルホテル)

・バンコク

The American School of Bangkok SUKHUMVIT CAMPUS

以前、日本大学附属高校の帰国生入学試験は、便利であるため人気が高いという記事を書きました。

同様に、日本大学附属中学の帰国生入学試験も、役に立ちます。

理由は、12月の帰国子女枠入試よりも前に、受験できるからです。

12月から、日本国内では、帰国子女枠入試が実施されます。

男子であれば、学習院中等科、立教池袋、芝浦工業大学など。

女子であれば、実践女子学園、頌栄女子学院、跡見学園、そして立教女学院など。

上記のような学校を、第一志望校として考えているご家庭は、多いのではないでしょうか?

その場合、初めて受験する学校が、第一志望校となりますので、子どもに、かなりのプレッシャーがかかることがあります。

そこで、この日本大学附属中学の帰国生入学試験で、入試の練習をしておくと良いですよ。

同様に、1月の帰国子女枠入試は始まりが早いです。

2012年度入試では、大妻、海城、桐光学園、小林聖心女子などが、1月7日に。

聖光学院、白百合学園は、1月8日に受験日を設定しています。

これらの人気校を、初回の受験に設定すると、子どもによってはシンドイかもしれません。

ですから、5つの試験会場のお近くに、駐在をされている場合は、受験をお勧めします。

最新の、日本大学付属高等学校帰国生入学試験募集要項を、下に貼っておきますので、もし関心がある場合はご確認ください。

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

第8回目の配信は、6月15日(金)の夜です。

記事の内容は、「自己PR作成時に、役立つ資料」です。

自己PR作成を、できるだけ短時間で済ますため資料を、紹介しますね。

楽しみにしていてください。

海外駐在員のためのメルマガ購読はこちらから!

話は変わって、オーストラリアに駐在している方、あるいはこれから駐在予定の方にご連絡です。

Arakiさんのブログで、シドニーの情報を入手することができますよ。

Arakiさんは、オーストラリアの大学情報を、発信されています。

ですから、このブログを読めば、オーストラリアの大学の入学、あるいは留学情報を入手することができますよ。

現地の情報は、駐在員の方に聞くのが一番ですよね。

Arakiさんさんのシドニー情報はこちらから!

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。      

では今日も笑顔の一日を!

もう一つのブログ、クレーム・苦情の対応方法についてお伝えします。

今回は、使いっパシリや、やりたくないお願い事に、どのように向き合うかについて、書いています。

クレーム・苦情を解決する方法を、楽しく解決できるよう、お手伝いしますよ。

クレーム・苦情対応が上手になりたい方はこちらから

2013年度 日本大学付属高等学校帰国生入学試験募集要項は、こちらから!

『シークレット情報 日本大学附属高等学校、帰国生入学試験の、長所についてお伝えします。』は、こちらから!

帰国子女枠入試受験に必要な、自己PRの添削サービス、面接練習サービスを承ります。
togethereverybodyachievesmore@hotmail.co.jp 
まで、お問い合わせください。

帰国子女枠入試の面接試験を突破する!12のテクニック